クリプトコインポータル ~仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

ダッシュ(Dash)



ダッシュ(DASH) DASHはビットコインのソースコードを用いて改良されたダークコイン(darkcoin)から改名された仮想通貨です。 ビットコインと比べて高い匿名性と素早い送金が特徴です。 ダークセンド(Darksend)と呼ばれる取引形式によって高い匿名性を持っています。 ダークセンドとはコインジョイン(coinjoin)という「取引(トランザクション)のプール」の考えを利用しています。送信者のコインを管理ノードを経由(プール)したときに一度シャッフルして受信者に送ることで、誰がどれだけ送受信したかがわからなくなり匿名性を保ちます。 匿名性ではビットコインは暗号通貨だからマネーロンダリングに使われるなどときかれますが通常の暗号通貨はセキュリティ上の暗号という意味で決してわからなくなるものではありません。よくテレビのニュースでビットコインに変えようとして捕まるというものがありますがビットコインは取引を追跡できるようになっており容易に警察に捕捉されます。 決してDASHを使ってマネーロンダリングをしましょうと言っているものではありません。※マネーロンダリングは犯罪です。 dashには取引速度を上げるためにインスタントセンド(instantsend)という機能があります。
HPhttps://www.dash.org
ウォレットhttps://www.dash.org/downloads/
通貨単位DASH
取引承認システムProof of Work
インセンティブマイニング
総発行枚数18,900,000枚

ダッシュ(Dash)って何??

用語 ・マスターノード(Masternodes) 即時送金をするための承認用のノードとしてマスターノードの存在があります。 マスターノード(Masternodes)には、専用のIPアドレスであるDashの担保が1000個必要で、1時間以上の接続損失がなくても24時間稼働できる必要があります。 マスターノード(Masternodes)は、インスタンセンド(InstantSend)によるトランザクションのロック、コインのミックスの調整、予算の資金調達の投票など、ダッシュウォレットを実行して意思決定を行うコンピュータです。 取引の承認を行い手数料をもらうことができます。 分散型のガバナンスの投票ができます。 ビットコインではマイナーの多数決(マインニングパワーによる議決権)によりガバナンスが保たれますが、dashはマスターノード(1ノード1票の議決権)の投票によって開発の方向性や資金の用途の多数決を取って行きます。 ※DASHmasternode について興味ある方はこちら⇒⇒⇒マスターノードについて ・インスタントセンド(InstantSend) インスタントセンドとは取引スピードを上げるために分散しているノードの中にマスターノードを作り承認を一任することで取引の高速化を実現しました。 ビットコインの承認作業が10分と言われていますがdashは10秒で承認可能だそうです。
取引所 polloniex、bittrex、Bitfinex、Shapeshift
検索

チャート

チャート一覧

Twitter