クリプトコインポータル ~仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

グノーシス(GNOSIS)



グノーシスまたはノーシス、グノシス(GNOSIS)とは イーサリアムブロックチェーン上で開発される分散型予測市場プラットフォームプロジェクトです。 目標1 世界で最も効率的な予測ツールの構築 質問に対する正確な回答にインセンティブを発生させるカスタマイズされた情報検索ツールをつくる。 予測資産の基準を作る。 2種類のトークン(通貨) Gnosisは参加者の利用拡大を容易にするためにBTCやETHや他のアルトコインでの参加が可能になります。しかしGNOやWIZの優位性を保つために、様々な規制をかけています。 GNOは他の仮想通貨 などと交換可能なGNOSISの通貨で総発行枚数が限られています。 またWIZを作るための燃料となります。WIZ生成のためにロックされその指定した期間中(30日〜365日)WIZを生成しますが期間が過ぎれば自由に動かす(売買、譲渡)ことができます。またWIZを生成するための規制はロック期間以外何度でも生成することができます。 WIZはGNOSISで使用される通貨1ドルにペッグ(固定レート)されています。 WIZはGNOによって作られます。WIZはGnosisでの手数料支払い、市場の作成、 などGnosisで使われる通貨です。
Gnosis プラットホームはイーサリアムブロックチェーンの上にコア、サービス、アプリケーションの3つの層から成り立っています。 第1層グノーシスコアはイベントトークンの作成、マーケットメカニズム、オラクル及び管理インターフェイスを提供します。このグノーシスコアはいつでも無料で利用が可能です。 第2層グノーシスサービスはグノーシスコアの上に追加サービスを提供し、WIZで支払われる取引手数料モデルを使用します。現段階での実装機能はステートチャンネルの実装、新しい市場メカニズムの構築、ボラティリティのない安定した通貨、オープンソースのテンプレートアプリケーション、アプリケーションのカスタムツール、オラクル市場、のサービスを構築します。 第3層グノーシスアプリケーションはユースケースまたは顧客向けのアプリケーション主にフロントエンドのための層です。一部はGnosisチームによってつくられまたは外部の予測市場アプリケーションを作りたい開発者によって構築されます。グノーシスモデルは様々な予測市場を構築することです。 この第三層によって、賭け、追加料料金を付加する、広告の収益モデル、情報販売、マーケットメイクなど様々なアプリケーションを稼働させます。
グノーシスはイーサリアムプロジェクトAUGURの対抗馬です。 グノーシスが主張するグノーシスとオウガーとの違い。 1グノーシスは単に市場予測形成活動の拠点ではなく分散型予測市場アプリケーションを構築するプラットフォームです。
プラットフォームの違い オウガーは完全に分散化してありイベントの結果を報告するために1ヶ月くらいの時間が必要になるためにREPトークンの支払いが遅れます。 グノーシスはこの時間のコストを予測市場の導入のスピードを妨げるポイントと考え、デフォルトで集中管理され真に分散化した制御機能を備えたオラクルソリューションの設計をします。 この機能は分散化の恩恵を犠牲することなくグノーシスのオラクル市場を通じて提供される専門的でオラクルサービスであり迅速な結果報告を行うことができます。 アクティブなトークンホルダーの要件Active token holder requirements オウガーはオウガー上のトークンでのアプリケーション利用 グノーシスはグノーシスのトークンいがいでのビットコインやアルトコインでの利用 スケーラブルScalable アプリケーションエコシステムApplication ecosystemなど、グノーシスはコストの高い大量のトランザクションイベントに対応できるスケーリングソリューションを開発中です。 ※グノーシスホワイトペーパーより
公式HPhttps://gnosis.pm
ウォレット(wallet)イーサリアム上
ティッカー(通貨単位)GNO
取引承認システム
インセンティブDAPPS、サービスの使用
総発行枚数10,000,000枚
検索

チャート

チャート一覧

Twitter