クリプトコインポータル ~仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:暗号通貨で繰り返される、詐欺師たちの古典的な手法

公開日: 

暗号通貨で繰り返される、詐欺師たちの古典的な手法

 

使われたのは、いささか古典的な手口だ。特定の暗号通貨に関して虚偽の宣伝をし、新規投資家を誘い出し、大量に買わせる。そして暗号通貨価格が「急騰」したら、インサイダーがその通貨を「投げ売り」して利益を得る。1930年代に法律で禁止されたこの悪習は、映画『ウォール街の狼』のモデルとして知られるジョーダン・ベルフォートがニューヨークに設立した店頭取引仲介業者、ストラットン・オークモント(Stratton Oakmont)によって1990年代に復活したのは有名だ。昔の「ボイラールーム(電話で怪しげな投資に勧誘する会社のこと)」の代わりに、暗号通貨の価格操作をする詐欺師がメッセージング・アプリ、特にテレグラム(Telegram)を使って群がり、組織化している。

続きはこちら→→→ Technologyreview

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter