クリプトコインポータル ~仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

KuCoin(クーコイン)特徴、登録、使い方


香港の取引所KuCoin(クーコイン)です。

2017年9月にKuCoin(クーコイン)は、設立されました。まだまだ新興の取引所ですね。創業者は、中国の大手企業アリババのクループ系列金融会社に所属していた元技術者です。また、チームスタッフは、2011年からブロックチェーンを研究していた団体に所属しています。運営の土台がしっかりしている印象です。

海外取引所は国内取引所と違い国や金融庁が管理していないため国内取引所とは違うリスクが存在します。 決して海外取引所の使用を勧めているものではございません。

1.KuCoin(クーコイン)の特徴

仮想通貨に興味がある人でしたら、世界最大級の取引高を誇る、中国の取引所Binance(バイナンス)のことはご存知かと思います。
なんとKuCoin(クーコイン)は第二のBinance(バイナンス)になるのではないかと期待されています。
1日のユーザー登録者数が100,000人を超えたこともあり、とても勢いがある取引所です。
KuCoin(クーコイン)には、どのような特徴があるのでしょうか。

特徴1:日本人が馴染みやすい
KuCoin(クーコイン)は、日本人が馴染みやすい取引所です。なぜなら、海外取引所には珍しい完全日本語対応がされているからです。これで、英語が苦手な人であっても安全・安心な取引を行うことができます。また、KuCoin(クーコイン)のUI/UXは洗練されていて、ユーザビリティが非常に優れています。具体的にどう優れているかについては、後述します。
特徴2:銘柄の種類が多い
現時点(2017年1月)では、KuCoin(クーコイン)は約70種類の銘柄を取扱っています。国内の取引所では、最大で13種類の銘柄しか取扱っていないので、多種多様な銘柄の中から自分が投資をしたいものを探すことができます。KuCoin(クーコイン)のロードマップを参照すると、2018年12月までに、約1,000種類の仮想通貨を上場させる予定だそうです。実現したらすごいですね。
特徴3:独自通貨KCSが凄い
KuCoin(クーコイン)の取引手数料は、0.1%です。これは他の海外取引所と比べてもかなり割安です。そして、驚くべきことに独自通貨である「KCS」を保有すると、手数料が最大30%OFFになります。さらに、KCSを保有するメリットは他にもあります。それは、KCSの保有量に応じて、配当が支払われることです。KCSを保有するとこれらの特典を受けることができますので、KCS価格も高騰しています。KuCoin(クーコイン)に登録したら、まず、KCSを購入することから始めてみてもいいかもしれませんね。 以上、KuCoin(クーコイン)の特徴を解説しました。これら以外にも、取引処理が高速でサーバーも堅牢であることや、紹介報酬制度があること、そして将来的には分散型取引所をローンチする予定もあるようです。

KuCoin(クーコイン)の魅力がわかったところで、早速KuCoin(クーコイン)に登録してみましょう。

2.KuCoin(クーコイン)登録

まずはKuCoin(クーコイン)公式にアクセスしましょう。

画面右上にある「新規登録」ボタンをクリックしましょう。

会員加入画面です。

メールアドレス、パスワード、パスワード(確認)を入力します。
「初代コード」と書かれている項目は、入力する必要はありません。そして「次」をクリックします。

入力したアドレス宛にメールが届きます。

メール本文にあるリンクをクリックして、メール認証を行いましょう。もし、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性があるので、チェックしてみましょう。私は、迷惑メールフォルダに届いていました。

トップ画面が表示されます。

これで、KuCoin(クーコイン)の登録は完了です。思っていたより簡単で驚きましたか?
注意点としては、KuCoin(クーコイン)は、新規登録が殺到しているので、メール認証が届くのが遅れるなど、不備が起こるかもしれません。
その場合は、登録日を改めたり、サポートに連絡をとるなどして、対処すると良いと思います。

3.KuCoin(クーコイン)2段階認証

KuCoin(クーコイン)への登録も終わり、早速ビットコインを入金して取引を行いたいところですが、ちょっとお待ちください。
資産をKuCoin(クーコイン)に移す前にやるべきことがあります。
それは、2段階認証を設定することです。

2段階認証は、パスワードだけではなく、認証アプリを用いて認証コードを発行し、入力することで、セキュリティが格段に高くなる設定です。
簡単な一手間を面倒くさがり、資産を失ってしまうのでは、悔やんでも悔やみきれません。
そのため、2段階認証は、間違いなく設定しましょう。

それでは、設定の手順を説明します。

2段階認証の設定画面です。

  • ①トップ画面上部にある「資産」をクリックする
  • ②画面左側にある「グーグル2 – ステップ」をクリックする
  • ③Google Authenticator(認証システム)をApp StoreかGoogle Playでインストール
  • ④アプリに表示されているコードを認識させる
  • ⑤発行された6桁の認証コードを入力する
  • ⑥「提出」ボタンをクリックする

これで、2段階認証の設定は完了です。

4.KuCoin(クーコイン)取引

KuCoin(クーコイン)の取引について説明します。

トップ画面上部にある「マーケット」をクリックします。すると、通貨ペアを選択する画面が現れますので、取引したいペアを選択します。すると次の取引画面に遷移します。

とても見やすい取引画面ですね。それぞれの項目について、確認していきましょう。

①チャート
チャートです。時間足の設定、ライン設定、インジケーターを細かく設定できる高機能なチャートです。
②Market Depth(マーケットデプス)
Market Depth(マーケットデプス)です。売り注文と買い注文の量を一眼で把握することができます。他の取引所だと、チャートと切り替えで表示されていることが多いですが、一画面内にきっちり収まっています。
③ 注文状況
注文状況です。現在有効な注文と約定した注文を確認することができます。
列により、フィルターをかけることができるので、効率的に情報を見つけることができます。
④ 取引板(買い/売り)
取引板(買い/売り)です。赤文字(上側)が売り注文で緑文字(下側)が買い注文です。
左から、レート、金額、数量となっています。
⑤ 歩み値
歩み値です。これを見ることで相場の流れをつかむことができます。
左から、時間、レート、金額となっています。
⑥ 注文フォーム
注文フォームです。左側が買い注文、右側が売り注文となっています。レートと金額を入力すると、自動で数量が表示されます。注文を行うには、フォーム下部にあるボタンをクリックしましょう。

以上が、KuCoin(クーコイン)の取引に関する解説でした。
UI/UXがユーザーフレンドリーでわかりやすく、直感的に理解できる印象がありますね。
この辺りはよく設計されていると思いました。

5.KuCoin(クーコイン)入出金

KuCoin(クーコイン)の入出金について説明します。

KuCoin(クーコイン)での入金
ビットコインを入金する場合について説明します。
  • ① トップ画面上部にある「資産」をクリックする
  • ② 画面左側にある「入金」をクリックする
  • ③ セレクトボックスからビットコイン(BTC)を選択する
  • ④ 表示されているアドレスにビットコイン(BTC)を送金する

以上、入金の手順でした。アドレスは間違いがないようにQRコードを用いる方が安全です。

KuCoin(クーコイン)での■ 出金
ビットコインを出金する場合について説明します。
  • ①トップ画面上部にある「資産」をクリックする
  • ②画面左側にある「出金」をクリックする
  • ③ セレクトボックスからビットコイン(BTC)を選択する
  • ④ 送金先アドレスを入力する
  • ⑤ 金額を入力する
  • ⑥ 2段階認証コードを入力する
  • ⑦「確認」ボタンをクリックする

そして次の画面で内容を確認したら出金を実行しましょう。

以上、出金の手順でした。送金先アドレスはGOXすることがないように気をつけましょう。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter