クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

ビットコインキャッシュ(BITCOINCASH)


1.ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)誕生

2017年8月1日、ビットコインのハードフォークによって「ビットコインキャッシュ(BCH)」が誕生しました。なぜ、ビットコインは分岐したのでしょうか。それは、ビットコインがスケーラビリティ問題に直面していて、その解決策を巡って利害関係者間で対立が起きたためです。スケーラビリティ問題とは、取引量の増加によって、取引速度の遅延や手数料の高騰が生じ、ユーザーにとって不利益となる状態を指します。スケーラビリティ問題の解決策としてSegWitアクティベーションが検討されましたが、一部のマイニングプールが異議を唱え、結果としてハードフォークが行われました。マイニングプールが反対した理由としては、マイニングに使用している「ASIC Boost」という機器が、SegWitが導入されると使えなくなる恐れがあったためという噂もあります。

2.ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)特徴

ビットコインとビットコインキャッシュの最大の違いを説明します。それは、ブロック容量が1MBから8MBに拡大したことです。よく勘違いしてしまうのは容量が8倍になったからブロック承認速度も8倍早くなるということです。しかし、これは誤解です。ビットコインキャッシュは、ビットコインのブロック承認時間を引き継いでいるため、ビットコインと同じくブロックを承認するのに平均10分かかります。ただ、一度に承認できる取引の量が8倍になるため、高トラフィックに対応することができます。なお、ビットコインキャッシュのブロック容量は、フォーク無しで32MBまで拡大可能ということで、将来的に多くのトラフィックがビットコインキャッシュのブロックチェーンに負荷をかけたとしても十分に処理することができます。

ビットコインキャッシュは、リプレイアタック(攻撃)に対するセキュリティを強化しています。リプレイアタック(攻撃)とは、ブロックチェーンがハードフォークによって複数の枝に別れた時に、どの枝においもトランザクションが有効となることに目をつけ、あるブロックチェーン上で有効な取引を他のブロックチェーン上でも行うことによって、送金者が意図しないかたちで資産を移動させることをいいます。ビットコインキャッシュは、リプレイアタック保護(プロテクション)を実装しているため、分岐時においても混乱せず、ハードフォークを実行することができました。

3.ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)ハードフォークによるEDAの調整

2017年11月13日、ビットコインキャッシュはEDA(Emergency Difficulty Adjustment)を調整するためのハードフォークを行いました。EDAとは一言でいうと、「緊急時の難易度修正メカニズム」です。EDAは、ビットコインキャッシュがビットコインから分岐した時に、ハッシュパワーがメインチェーンの数%ほどであったビットコインキャッシュのフォークが消滅しないように導入された仕組みです。取引の多さがマイナー数より少ないと(取引の多さ < マイナー数)、マイニング難易度が上方修正され、マイナーにとっては不利になるので、マイニング量が減ります。逆に、取引の多さがマイナー数よりも多いと(取引の多さ > マイナー数)、マイニング難易度が下方修正され、マイナーにとって有利になるので、マイニング量が増えます。これが、ビットコインキャッシュが実装しているEDAの仕組みです。

EDAを実装したことで分岐後に生き残ることができたビットコインキャッシュですが、現状のEDAを運用していく中で致命的な問題が起こっていました。それが、「承認時間の揺れ(1分~数時間)問題」です。EDAが発動してマイニング難易度が下方修正された場合、ビットコインからマイナーが移動してきます。そうすると、マイニング難易度に対してハッシュパワーが急激に集まり、ブロック承認時間が10分ではなく1分あるいは数十秒に1ブロック採掘されてしまいます。この状態になると、再びEDAが発動してマイニング難易度が上方修正され、マイナーが一気にビットコインに戻ります。その後は、マイニング難易度が高いにも関わらず、マイナーの数が足りないため、次はブロック承認時間が10分どころか数十分あるいは数時間以上かかることになってしまいます。すると再びEDAが・・・という繰り返しです。これが「承認時間の揺れ問題」のメカニズムです。

前述したEDAによる「承認時間の揺れ問題」を解決するためにハードフォークが行われました。それは、EDAアルゴリズムの中にあるDAA(Difficulty Adjustment Algorithm)を調整する内容です。ざっくりいうと、直近24時間のマイニング難易度とブロック承認時間に基づいて、毎ブロックごとにマイニング難易度を変更するので、もし価格が上昇してマイナーが移ってきたらマイニング難易度を敏感に上方修正させ、逆に価格が下がったらマイニング難易度も下方修正するようになります。これによって、ハッシュレートが短期間に大量に移動してしまうリスクは現状より軽減することができるため、「承認時間の揺れ問題」を解決することができるとみられています。

4.ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の将来性

—引用—ビットコインクラシックの開発者グループは11月9日、公式サイトにおける声明において、ビットコインキャッシュが2018年5月までに正式な「ビットコイン」になるとした上で、ビットコインクラシックの開発を停止すると発表した。(引用元:コインテレグラフ)————

前述したEDA調整のためのハードフォークは、ビットコインキャッシュが送金や決済において安い手数料で安定した承認時間を実現する目的がありました。今後、それらの実用性を武器にビットコインキャッシュはユーサー数を増やし、企業への導入を進めていくでしょう。一方、ビットコインはSegWitの浸透率増加による手数料の削減、オフチェーンソリューションを実用化していきます。ビットコインキャッシュが本当にビットコインの代わりになるかどうかはわかりませんが、相場はビットコインキャッシュを後押ししており、今後の展開が楽しみです。

Bitcoin 公式ホームページ
https://www.bitcoincash.org/
ウォレット
https://www.bitcoincash.org/#wallets
ティッカー(通貨単位)
BCH
取引承認システム
PoW(プルーフ・オブ・ワーク)
インセンティブ
マイニング
発行枚数
21,000,000枚
取り扱い取引所
検索

チャート

チャート一覧

Twitter