クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

ICO:チタンXRP Titan XRP

販売スケジュール1
ITO 2019年4月1日〜2019年6月30日
販売スケジュール2
販売スケジュール3

ICO:チタンXRP Titan XRPの概要

銀行や金融機関はそれを採用していますが、他の人がすでにそれを使用していますが、すべてではないにしてもほとんどが時間内にXRPを使用します。
XRPのトランザクションの速度は、3〜5営業日であるのに比べて数秒です。
1.XRPは世界の外貨準備になります。
2.波紋XRPエスクローまたは大きな割合がIMFまたは世界銀行に署名されます。
3. XRPは、インターネット・オブ・バリューWebを通じて価値を交換するための世界標準になります。
マッキンゼーの評価は、リップルに高い評価を与え、リップルが連邦準備制度の早期支払いタスクフォース運営委員会とその密接な働きに選出されたことを考慮して、6ヵ月間それをテストしています。 XRPが将来世界の外貨準備になる可能性があることが、月が繰り広げられるにつれて見やすくなり、ますます多くの機関が参加しています。
リップルの採用アプローチは次のとおりです。
1. SWIFT方式ではなく、銀行が元帳ソフトウェアを使用して(必ずしもXRPを必要とせずに)平金を送金するようにします。
今日の銀行のやり方を根本的に変えることはないので、このステップは重要です。しかし、それは彼らに彼らの送金に関するいくつかの非常に価値あるツールとリアルタイムの情報を与えます。
これは、ほとんどのリップル提携銀行がリップルの商品を使用していると言うときに話していることです。このソフトウェアには、xRapidと呼ばれる波紋機能があり、それが私たちをステップに導いてくれます。
2.銀行が統合されると、RippleのxRapid機能を介してXRPを使用することができます。彼らはする必要はありませんが、結局はしたいと思うでしょう。
最初のステップでは、銀行のすぐ前にXRPを使用するという選択肢があります。現時点ではXRPは既存のインフラストラクチャとは無関係に見えるかもしれませんが、XRPを使い始めるのは簡単でしょう。
銀行はなぜXRPを使いたがるのでしょうか。
統合されたxRapid機能を使い始めるのに、ほんの少しの努力で済みます。
送金手数料をさらに30%節約できます。
彼らの競争相手はそれを使用し、それらを切り刻みそしてビジネスを奪っている。
Nostroアカウントを削除します。
XRPを使用すると、Nostroアカウントが不要になります。
数十億ドルもの資金が迅速に必要とされる外国の銀行口座にあり、Rippleのメッセージングソフトウェアでさえも銀行から回収し再投資することができ、彼らはそのお金で何十億ドルも稼ぐことができます。迅速な取引の間、現在3〜5日間、積送中にロックされている1兆ドルの資金も解放され、受信者はすぐにそのお金を再び使うことができます。
1週間に1回の取引ではなく、1週間に数千件、1年に何百万件もの取引に同じ金額を再利用できます。
免責事項:これは議論と教育目的のためだけです。 TitanXRP.com上の予測や保証、投資助言、情報や資料は投資やその他の決定を目的として使用するものではありません。
財務、法律および税務顧問とあらゆる情報を徹底的に検討し、あなたがそうであるとみなすようにそのような適切な注意を払うべきです。

 

 

Banks and financial institutions are adopting it whilst others are already using it, and most if not all will use XRP in time.
The speed of transactions of XRP is in seconds compared to 3- 5 business working days.
1.XRP will become the world’s currency reserve.
2. Ripples XRP escrow or a large percentage will be signed over to the IMF or the World Bank.
3. XRP will become the global standard for the exchange of value through the Internet of Value web.
The McKinsey assessment gave high marks to Ripple and in light of Ripple being elected to the Federal Reserve’s Faster Payments Task Force Steering Committee and their close workings, with high-level officials across the world plus the Bank of England testing it for six months it is easy to see as the months unfold and more and more institutions come on board that XRP could become the world currency reserve in the future.
Ripple’s approach to adoption is:
1. Get the banks to use their ledger software to send fiat money (without necessarily requiring XRP), instead of the SWIFT way.
This step is important because it doesn’t radically change the way banks do things today, but it does give them some very valuable tools and real-time information about their money transfers.
This is what most Ripple-partnered banks are talking about when they say they are using Ripple’s products. What also comes with this software is a Ripple feature called xRapid, which leads us to step.
2. Once banks are integrated, they will have the choice of using XRP via Ripple’s xRapid feature. They don’t have to, but they will want to in the end.
The first step puts the option to use XRP right in front of the banks. While at this time XRP may seem irrelevant to their existing infrastructure, it will be easy to start using XRP.
Why would a bank want to use XRP then?
It would take very little effort to start using the integrated xRapid feature.
They would save an additional 30% on transfer fees.
Their competitors are using it, undercutting them and taking business away.
Eliminates Nostro accounts.
Using XRP eliminates the need for Nostro Accounts.
Billions and billions of dollars are sitting in foreign bank accounts that are required for swift and even Ripple’s messaging software can be recouped and reinvested by the banks, allowing them to make billions more from that money and not only will that money be freed up, but money that is currently locked in-transit for 3–5 days during swift transactions, trillions of dollars, will also be freed up so the recipient can spend that money again immediately.
Instead of just a transaction per week, that same money can be re-used for potentially thousands of transactions a week and millions upon millions of transactions in a year.
Disclaimer: This is for discussion and educational purposes only. We do not provide any projections or guarantee, investment advice and no information or material on the TitanXRP.com is to be relied upon for the purpose of making an investment or other decisions.
You should thoroughly review any information with your financial, legal and tax advisor and conduct such due diligence as you and they deem appropriate.

ICO:チタンXRP Titan XRPについて

公式URL

https://titanxrp.com/

シンボルティッカー
TXDM
ホワイトペーパー

Whitepaper

ブロックチェーンプラットフォーム
イーサリアム(ERC20)
参加出来る通貨
ETH
総発行枚数
100,000,000
売り出し枚数
65,000,000
為替レート
1 TXDM = 5 USD
ハードキャップ
500,000,000 USD
ソフトキャップ
50,000,000 USD
情報提供元

CoinGecko

公開日: 

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter