クリプトコインポータル ~仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

ALIS(アリス)


ALIS(アリス)

アリスロゴ 日本初のブロックチェーンを利用したソーシャルメディアプラットフォームです。ALISの目的は、人々が余計な広告やステルスマーケティングから解放され、信頼できる記事や人々を、いち早く見つけられるようなメディアを創造することです。 従来のインターネット・メディアは、ほとんど広告収入によってマネタイズされているため、ユーザビリティが低いです。誰しも一度は広告を煩わしいと思った経験があると思います。さらに、Google検索エンジンでは、良質なコンテンツが必ずしも上位に表示されるとは限らないため、信頼性が高くいい記事を見つけるための効率が良いとはいえません。 そのような問題を解決するために、ALISはブロックチェーンを利用すると同時に、ALISトークンをプラットフォーム内の価値交換に用いることで、全く新しいメディアを立ち上げようとしています。これが実現すれば、情報のあり方が変わるかもしれないほど壮大な試みです。 アリスプロジェクトが発足したきっかけは、アリスメンバーがSTEEM(スチーム)を利用して1日で$30近くの評価を得ることができた経験に由来します。それは、全く新しい経験で、メンバーは衝撃を受けたといいます。そのため、アリスプロジェクトの仕組みは、スチームから構想を得ています。ただ、完全に模倣するわけではなく、スチームの基本的な考え方を採用すると同時に、スチームの問題点を解決するアイディアを考え出しました。 アリスメンバーは、スチームに2つの課題があると指摘しています。1点目は、スチームの発行するトークンの仕組みが複雑すぎて、理解に時間がかかること。2点目は、スチームが日本語対応を全くしていないことです。アリスメンバーはこれらの課題を解決することが重要だと考えました。 ALISが初期段階で日本市場をターゲットとすることには理由があります。それは、日本ではブロックチェーン技術のメインプレーヤーがほとんど存在しないことや、事業者登録するハードルが高いことにより、マーケットシェアを独占できる可能性が高いからです。市場規模も大きく、主要メンバーも日本人であることも理由として考えられます。 ただ、ALISは英語圏にも積極的にマーケティングを行なっており、アリスICOでは海外からの投資額が全体の割合に対して大きかったです。そのため、最初の一歩は日本をターゲットにするが、中長期的には海外市場でも存在感をしめすプレイヤーになることを意図しています。

ALIS(アリス)概要

HP https://alismedia.jp/
ティッカー(通貨単位) ALIS
取引承認システム Delegate Proof Of Stake(DPoS)
総発行枚数 75,200,000 枚
取り扱い取引所 Cryptopia(クリプトピア) ForkDelta(フォークデルタ) その他

■目次 1.ALIS(アリス)特徴 2.ALIS(アリス)将来性

1.ALIS(アリス)特徴

ALISのプラットフォームは、とてもシンプルな仕組みによって成り立っています。スチームでは、利用されるトークンが3つあり、とても複雑な構成になっています。それを反面教師として、アリストークンはその数を1つに絞ってあります。さらに、UI / UXもシンプルであるように心がけてあります。一目でどの記事がどのくらい「いいね」を集めているか、どれほどのALISトークンが払われているかがわかるようにデザインされています。また、「人の信頼を可視化」することを目標に掲げ、人をベースにして情報収集を行うことができるように工夫されています。シンプルであることは、ALISのわかりやすい特徴ですね。 アリスユーザーはどうしてアリスプラットフォームにコミットメントするのでしょうか。それは、コンテンツ作成者の場合、作成した記事がより多くのユーザーに評価されることでALISトークンを受け取れるからです。一方、コンテンツの評価者の場合、誰よりも早く良質な記事を評価することで、より多くのALISトークンを受け取れることができるからです。さらに注目すべきは、ALISトークンを多く持っている人であるほど報酬量が増えて行くことです。そのため、ユーザーはより多くのALISトークンを手に入れようと、積極的にプラットフォームにコミットメントするインセンティブが発生します。この辺りの仕組みは、NEM(ネム)のハーベスティングに近いかもしれませんね。ALISをスチームとネムのいいとこどりと表現されることも多いようです。そして忘れてはならないことが、報酬はALISトークンのみならず、承認欲求を満たすことに対しても同様です。 アリスプロジェクトは、運営がとてもオープンです。例えば、他のICO案件ですと、進捗がどうなっているのかわからず、本当にプロダクトを開発できるのか、疑問に思うことも多々あると思います。その点、ALISの進捗状況は可視化されています。具体的には、Trelloによるタスクリストの共有、Twitter上で毎日達成したTODOを共有、SlackやTelegramで積極的にユーザーと交流を持つことなどです。ここまで、情報共有が徹底化されているプロジェクトはなかなかないのではないかと思います。ホルダーにとっては、安心材料になります。さらに、ALISは重要事項を決定する時にALISトークン保有者の意見を尊重するような仕組みづくりが行われています。これらの取り組みの一つ一つがALISトークンの価値を保証してくれます。 ALISはICOで約4.3億円の資金調達を行いました。そして、売れ残ったトークンはすべてバーンされました。つまり、消滅させました。これにより、ALISトークンの供給量が減り、ALISトークンの価値が向上しました。また、ファウンダー分のトークンはロックアップされています。これらの施策からもALISがホルダーの利益を考えて先手で対応を実施していることがわかります。また、メンバーの顔も見えやすいこともあり、アリスプロジェクトに対しての評価が高まる一つの要因なのではないかと思います。 ホワイトペーパーには、不正に対する対策も書かれています。
1.ユーザが複数のダミーアカウントを作成し、自身が作成した記事に積極的に評価を行うことによる ALISトークンの取得 2.特定のユーザが結託をし、指定した記事に対して積極的に評価をしトークンを取得する 引用元:ホワイトペーパーより
まず、1点目の不正に対しては、ダミーアカウントを作成できないように、SMSによる本人認証を行う、あるいはFacebookアカウントと連携する、ことで対策を行います。次に、2点目の不正に対しては、特定ユーザーがある記事を評価したのちすぐに別の記事を評価した場合、その記事に対する評価を無効にすることで対応します。また、Bad評価を取り入れることで、不正を働いていると思われるユーザーへのALISトークンの配布を無効にすることができます。これはSTEEMより着想を得ていて、STEEMがきちんと動作していることからアリスプラットフォームでも正しく機能するという仮定です。

2.ALIS(アリス)将来性

ALISのロードマップによると、2018年4月にアリスプラットフォームのβ版がローンチされる予定です。まずは、そこがターニングポイントになるでしょう。スケジュール通りローンチされて、プロダクトの質も良ければ、ALISに対する評価は、かなり高まると思います。それによって、ALISトークンの価値も上昇するでしょう。その一方、もしロードマップ通りにβ版がローンチされない、あるいはプロダクトの質が低いと判断されれば、アリスプロジェクトに暗雲が訪れるでしょう。 アリスプロジェクトに対する批判的な意見の一つとして、マーケティングにお金を使いすぎで、もっと開発費用に予算をかけるべきという主張があります。これに対して、アリスメンバーはユーザーと双方向のコミュニケーションをとることで、ユーザーのニーズを汲み取ることが可能になり、結果としてアリスプラットフォームの質が高まると反論しています。 それからアリスプロジェクトは、日本の取引所への上場も中長期的に視野にいれています。日本発ということで、知名度も高く、海外通貨と比べると、ホワイトリスト化される可能性も多いにあると思います。アリスプロジェクトが軌道に乗って、ユーザー数をどんどん増やしていくことができれば、取引所もALISを上場させる動機としては十分だと考えられます。また国内だけではなく、海外の大手取引所への上場もALISトークンの価値向上に大きく影響を与えるでしょう。国内戦略だけではなく海外市場も見据えてビジネス展開していく必要があるといえます。 国内でソーシャルメディアプラットフォームとして、ブロックチェーンを利用するプロジェクトはALISだけですが、ブロックチェーンを抜きにすれば競合が多く、まさにレッドオーシャンです。それら企業とどう差別化していくか、ブロックチェーンやトークンエコノミーをコアコンピタンスにして競争優位に立つことができるか、ということはALISの将来性を左右する重要な要素だと思います。 ALIS(アリス)のICO情報はこちら→→→ICO:アリスAlis
検索

チャート

チャート一覧

Twitter