クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

Kin(キン)


暗号資産 Kin(キン)


暗号資産 Kin(キン)は、カナダに本社を置くIT企業 Kik Intereractive が手掛けるメッセージアプリ

「Kik(キック)」内で使われる暗号資産で、2017年9月に公開されたカナダ初のアルトコインです。

Kikは日本で言うLINEのようなアプリで、北米を中心に欧米圏で3億人以上のユーザーが利用

月の利用者は1500万人と世界的に有名なアプリです。

2017年に実施したICOでは、110億円の調達に成功(117ヵ国から約1万人もの投資家が参加)するなど、暗号資産界隈でも注目されるプロジェクトと言えるでしょう。

この記事では暗号資産Kinの特徴について解説します。



  Kin(キン)概要


名称
Kin (キン)
通貨単位
KIN
公式サイト
Kin 公式サイト
公開日時
2017年9月
Whitepaper
ホワイトペーパー
総発行枚数
10,000,000,000,000KIN
GitHub
ソースコード
Twitter
ツイッター
Telegram
テレグラム
Medium
メディウム
Bitcointalk
フォーム
取引所

CoinTiger

FatBTC

HitBTC



  1. Kin(キン)の特徴


Kinはメッセージアプリ「Kik(キック)」内で使われることを想定して作られた仮想通貨で、Kinの語源である「Kinship」は、人と人との繋がりを指しています。

Kikの創設兼SEOであるTed Livingston(デッド・リビングストン)氏は、「私たちの目標は、Kinトークンを世界中でもっとも使用頻度の高い暗号資産にすることだ。そのため、より多くのKikユーザーにKinを利用してもらうことは、この目標を達成するための重要なステップである。」

と述べており、Kinは、新しいシェア経済において人と人とをつなぐことを目的に開発されました

Kikのシステム内で商品やサービスとの引き換えが可能になる他、追加コンテンツや有料コンテンツへの支払いでも利用され、Kikの配信する広告やアンケートの回答等、報酬の支払としてもKinが使われることを想定しています。

2018年、Kik内でKinの試験運用を開始。

この試験ではユーザーはアプリ内でクイズに答えたり、動画を見ることでKinを手に入れることが出来ます。

Kinは2017年12月に成功させたICOの後、ERC20トークンとしてイーサリアムブロックチェーン上に設計されていましたが、2018年5月にイーサリアムとステラのハイブリッドシステムに移行。

しかし、Ted Livingston氏がイーサリアムブロックチェーンに対して信頼性が低いと非難し、ステラベースのブロックチェーンへ完全移行することを発表しました。




  2. Kin(キン)のココが凄い1


前述でも記載してありますが、暗号資産Kinが1番に利用されるのは、メッセージアプリであるKik(キック)内です。

KikはKik Messengerが初めて開発したアプリケーションで、2010年10月19日に公開されたアプリです。

アメリカ人の10代若者の40%が利用しており、iOSやAndroidの他、Windows Phone、BlackBerryなど、複数のプラットフォーム向けに提供されています。

LINEと同等の機能を持つ他、チャット画面内で直接ブラウザに繋げて検索することが可能。

またKikにはボットショップというものがあり、自分の好きな企業や内容のボットを、簡単に見つけることが出来る他、自分で開発したボットもボットショップに登録することができます。

ユーザー数は既に3億人以上を超え、企業としていの時価総額も10億ドルを越える大企業。

将来的なユースケースもしっかりと設計されているので、Kinの実需を見込める要素がかなり高いと考えられます。

また、Kinはクリプトファンドの一つであるPolychain Capital(ポリチェインキャピタル)の出資を受けるなど、ICOで100億円以上の資金調達に成功したのも、将来需要が高まると予想できたからこそでしょう。

Kinが開発する前の2014から2016年の間、試験的な試みとしてKikポイントというプログラムを実施し、約1億900万のトランザクションが生成されました。




  2. Kin(キン)のココが凄い2


◆◇◆ 将来を見据えた行動 ◆◇◆


Kin基金

Kin基金は、KINトークンの価値を高め、将来性をひろげるためにKin基金を設立設。

これにより、消費者が価値を見出すことのできるようなデジタルサービスのオープンエコシステムの育成と、これらサービスの開発、改善を継続的に行い、ユーザーを惹きつけるプラットフォームを他のエコシステムパートナーの開発者に提供することが可能になりました。

Kinはエコシステムの開発や改善を日々行なっているので、KINの予備資金を流通させずに開発資金として確保しておくという形態をとっています。

そのため、Kinの最大発行枚数(総供給量)10,000,000,000,000 KINのうち60%がスマートコントラクトにより確保され、Kin Rewards Engine(キン リワーズ エンジン)に配分されます。

そして、定期的にエコシステムパートナーへ20%が発行され、5%がKin基金の運営とマーケティングに利用されています。


Kin Rewards Engine(キン リワーズ エンジン)

Kinエコシステムの中で作られた報奨金のシステム制度。

Kinのエコシステムの構築を促するため、Kinの予備資金をスマートコントラクトにより確保し、Rewards Engine(リワーズエンジン)に一時的に管理され、その中からエコシステムのパートナー企業とKin基金に分配されます。

それぞれはKin経済圏の構築のために使っていく事になり、残りのKinも段階的に市場に出回っていきます。



  2. Kin(キン)のココが凄い3


◆◇◆ Kinトークンを実装したアプリケーション ◆◇◆


・ Perfect365/美容系アプリ

シンプルな操作でタッチアップ、メイクアップ、顔の表情をキレイに演出できるカメラアプリ。

アンケートの質問に答えることによってKINを獲得することができます。

トークンはギフトカードを購入したり、他のユーザーに送金することも可能。


・Kinny/(ソーシャルネットワーク)

Kinnyのプラットフォーム上で、他のユーザーにKinを送信することが可能。Kinnyアプリでアンケートやクイズなど回答してKinを獲得することができます。


・Tapatalk/(ソーシャルネットワーク)

Tapatalkは世界中のさまざまなグループが共有スペースを作成し、ビデオ、写真、メッセージを接続することができます。

他のユーザーとのやり取りの中で、報酬を受け取ったり、ディスカッションに貢献するためにKinを寄付することもできます。


・Trivia Clan/(ゲーム)

Trivia Clanは質問に答えることでKinが貰えるゲームアプリです。


・Kinetik/(フィットネス)

課題をクリアすることで仮想通貨KINを獲得することができるフィットネス系アプリです。


Tapatalk:フォーラムアプリ

2019年3月27日Kinは、モバイルアプリTapalkとの提携を発表。

Tapatalkは世界186ヵ国で利用されており、3億人のユーザー登録数があります。

提携発表時には記念として、既存のアプリユーザーへ、最大2000KINのエアドロップがありました。


Unityテクノロジーズ:ゲーム

2018年、ゲーム業界に向けUnityテクノロジーズと提携を発表。

Kikの開発したゲーム専用ソフトウェア開発キット(SDK)を使用し、ゲーム内にトークンを生成することが可能。

Unityテクノロジーズは、450万以上のゲーム開発者に利用されている人気のゲームエンジンです。




検索

チャート

チャート一覧

Twitter