クリプトコインポータル ~仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

ICOマーケットウォッチ:CryptoAds、新しいハードウェアウォレットの発表とともにパブリッククラウドセールを開始

公開日: 

CryptoAds、新しいハードウェアウォレットの発表とともにパブリッククラウドセールを開始

 暗号通貨業界では周知のことですが、このスペースを悩ます最も重大で永続的な課題のひとつに、ウォレットのセキュリティ問題があります。フィッシング、詐欺、盗難、ハッキングなど、問題は様々ですが、暗号通貨ホルダーはこれら全てのリスクに対して対策を講じる必要があります。専門家は、2018年初頭以来、10億ドル以上が暗号通貨のウォレットから盗まれていると推定しています。このような脅威に対する最も有効な解決策のひとつに、ユーザーが完全に制御できるハードウェアウォレットがあり、先駆的なブロックチェーンのデジタル広告配信ハブ、CryptoAds マーケットプレイス (tokensale.cfc.io)が今回提供するウォレットはまさにこれに該当します。

 このプラットフォームは、安全な場所に保管でき、どこにでも携帯できる小型のデバイスを顧客に提供することで顧客のセキュリティへの不安を解消します。新しいハードウェアウォレットは、ユーザーが設定した英数字のパスワードで保護された暗号化された秘密鍵で保護され、Bluetooth経由でコンピュータに接続されます。将来的には、アカウントに200米ドル以上を保有するすべてのユーザーに、このハードウェアウォレットが無料で提供されます。このデバイスは、現在パブリックセールスステージに入っている同社のICO期間中に、200米ドル以上のCRADトークンを購入したCryproAdsトークン所有者にもギフトとして付与されます。CryptoAdsマーケットプレイスは、消費者が関心のある広告だけを閲覧できるデジタル広告の世界を創りだし、サイト運営者は広告主であるブランドと直接取引することで、予算を浪費する無限の仲介手数料を回避できます。無数のプラットフォーム上で様々なマルチメディア形式を駆使した多彩なブランディングの機会をマーケティング担当者に提供することで、ダイナミックなデジタル広告戦略の展開を可能にします。

 CryptoAdsは、ネイティブ動画やアプリ内のモバイル広告、標準の動画クリップ、垂直および360度動画広告、掲示板やその他のデジタル広告配信システムをウェブサイトやアプリで直接共有する機会を広告主に提供します。Treascovery、Chidopi、TimeBoxの共同創設者でもあり、CryptoAdsのアドバイザーでもあるジェイソン ハング氏は、高いポテンシャルを秘めたプロジェクトの機能をすべてのステークホルダーに提供できると考えています。「すべてのプレーヤーに利益をもたらすシステムです」「広告主は質の高いコンテンツを配信するサイト運営者を簡単に見つけることができ、サイト運営者やその他のディストリビューターは、将来顧客となる可能性のあるマーケティング担当者に視聴者の統計情報を直接提供できます。一方ユーザーは、関心のあるコンテンツのみに関与できます。CryptoAdsはデジタル広告配信の未来を切り開きます。プラットフォームが普及するにつれ、すべての参加者の収益性が向上すると期待されます。最先端のハードウェアウォレットを使用することで、このスペースはすべての参加者にとって安全でセキュアなものとなります。これはユーザーの不安を大幅に解消することでしょう。

 CryptoAdsマーケットプレイスは、人気のコールフリーコール(CFC)VOIPアプリの開発者のアイデアによるもので、さまざまなスポンサーによって支払われる広告費で、ユーザーに無料の通話とテキストサービスを提供します。世界中に700万人以上のユーザーを持つオリジナルのCFCプラットフォームは、ブロックチェーンのパラダイムに移植され、プロジェクトのB2Cの側面については、アプリユーザーとゲーマーが広告コンテンツを表示させることと引き換えに、広告主からさまざまなオファーを受け取ることができる、真の意味での共生システムを実現します。つまりユーザーは、CryptoAdsのダッシュボード経由で表示される広告を見るかわりに、動画コンテンツ、アプリ内製品、好きなゲームのレベルアップなどのサービスにアクセスできます。 このプラットフォームでは、サードパーティがCryptoAdを独自のアプリに統合するために使えるソフトウェア開発キット(SDK)もダウンロードできるので、ユーザーに同じサービスを提供してその報酬を受け取ることができます。

 ブロックチェーン技術が、チームをデジタル広告配信市場の大舞台へと導きました。この技術により 詐欺を事実上排除しながら、透明性を備えたスマートコントラクト技術を統合し、ディストリビューターが受け取る前にキャンペーン予算の大半をさらっていく仲介ブローカーの必要性をほぼ否定することが可能になります。このシステムでは、すべてのプレイヤーが、パフォーマンスとオファーの価値に基づいてお互いを評価することができます。広告主とサイト管理者は、どのオファーを選択するかについての情報を受け取ることができます。

 このプロジェクトは、CRADユーティリティトークンによって運営され、このトークンは7月16日まで行われるオープンパブリックセールで購入することができます。CryptoAdsの創設者兼CEO、オレクシ ヴィノグラドフ氏によると、「ユーザーの基盤を拡大し、プロダクトの開発と拡張を継続し、コミュニティが直面する重大なセキュリティ上の脅威に、最終的かつ確実に対処するため、ICOを行うことを選択しました。とてもエキサイティングなプロセスです。」とのこと。「ちょうど今パブリックICOを立ち上げています。私たちのビジョンを共有し、市場でこのプロダクトのポジショニングをご支援いただける様々なブロックチェーン企業から、戦略的なパートナーシップ締結のオファーをすでに多数受け取っています。このことから、私たちはこの業界のエコシステムの深刻なギャップを埋めるのは、私たちのプロダクトなのだということを確信しました。」

 CryptoAdsについての詳細情報は、tokensale.cfc.ioをご覧ください。

ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter