クリプトコインポータル ~仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

ICOマーケットウォッチ:日本のModule、世界初の「人々のため」のプラットフォームを目指す

公開日: 

日本のModule、世界初の「人々のため」のプラットフォームを目指す

 世界中で暗号通貨への関心が高まっていることは疑いようがありませんが、現在、日本の先駆的なマイニングとクラウドの共有プラットフォームであるModuleは、本当の意味で「人々のため」に構築されたプロジェクトのリリースを予定しています。実際に、自分のモバイルデバイス(携帯電話、タブレット、ラップトップ)に利用可能な空きメモリ(GB)がある人なら誰でも、余分なストレージスペースを他のユーザーと共有することで恩恵を受けることができます。つまりこれは、データを保存する空きスペースを持つユーザーなら誰でも、Moduleの革新的なブロックチェーンビジネスエコシステムに参加できるということを意味します。

 暗号通貨のエキスパートはすでにこれに気づき、関心を持ち始めています。ブロックチェーン業界の重要人物であり、ICOBoxの創設者、ニック エブドキモフ氏は、Moduleのアドバイザーであり、プロジェクトのコンセプトに高い評価を与えています。エブドキモフ氏は、大企業であろうと個人の愛好家であろうと、その規模を問わず事実上すべてのブロックチェーンユーザーにサービスを提供する、このModuleを、今年の最も革新的なプロジェクトとして打ち出せると考えています。彼は次のように説明します。「このプロジェクトは、ユーザーと支援者の両方を結びつけるきっかけとなるので、Moduleは、世界中のすべてのブロックチェーンユーザーをターゲットにすることができます。」「私の見解では、Moduleはブロックチェーン技術の開発全体に大きく貢献しています。」

 プラットフォームは、世界中の何百万ものモバイルデバイス上で利用できる未使用のストレージを活用することで、暗号通貨のマイニングとクラウドシェアリングを誰もが簡単に利用できるように開発されています。ユーザーは、共有するスペース、 スペースが使用される時間、および確認されたトランザクション数に基づき報酬を受け取ります。またModuleが広く普及するにつれて、暗号通貨業界を悩ませている多くの問題が解決すると考えられています。

 このシステムは、特定のハードウェアの維持を必要とする、環境に良い影響を与えないプルーフ-オブ-ワーク(PoW)アルゴリズムを、同社独自のプルーフ オブ スペース、タイム、トランザクション (PoSTT) アルゴリズムに置き換えます。同プラットフォームはまた、クライアント側の暗号化を特徴とする革新的なクラウドベースのデータストレージを提供し、機密情報を暗号化し、情報を断片に分割し、モバイルデバイス上の別々の場所に分散して保存するという、「シークレットシェアリング」機能を備えます。 このプロジェクトはMODLトークンによって運営され、スマートコントラクトを作成し、従来のクラウドストレージのコストのほんの一部でデータウェアハウスを運営する必要のある市場の専門家のために、両方のソリューションを提供しています。

 Moduleについての詳細は、modltoken.ioをご覧ください。

ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter