クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

ICOマーケットウォッチ:Moduleモバイルデバイスストレージの世界を刷新

公開日: 

Moduleモバイルデバイスストレージの世界を刷新

 スマホユーザーが何ギガバイトもの未使用の空きスペースを手に、街を歩く時代は終わりに近づいています。 Module は、個人が未使用のストレージスペースを様々な用途にリースしてそこから報酬を得るという、革新的なブロックチェーンベースの技術を開発しました。有能な日本人プログラマーグループが、クラウドストレージとデータマイニング業界の課題を解消するラジカルで革新的なソリューションを開発しています。

 2018年現在、25億3千万台のスマートフォンが有効に使用され、ユーザー1人当たりの平均的なストレージスペースは、60GBにのぼると推定されています。単純計算だけでも、世界中の人々のポケットやバッグに潜在的な可能性が眠っているということが十分把握できます。Moduleは、ブロックチェーンの世界に分散型マイニング、P2Pクラウドストレージ、分散型アプリケーション (Dapps) 作成の可能性を提供します。

 Moduleは、革新的なPoSTT (プルーフ オブ スペース、タイム、トランザクション) アルゴリズムを採用し、レンタルスペースの使用状況やメンバーのモバイルデバイスでマイ二ングされた暗号資産を記録します。マイニングプロセスを効果的に分散化させることで、少数の人々に牛耳られてきた「マイニング業界」を、数十億の潜在的な暗号資産「マイナー」へと手渡すことが可能になります。

 今日まで、ほとんどの商用クラウドベースのストレージサービスは、単一ロケーションでの「信頼ベース」の集中型ストレージでした。この形態のセキュリティ上の不安はよく知られており、大規模なハッキングのニュースを目にすることも少なくありません。ModuleのPCSN (P2P クラウド ストレージ ネットワーク) は、ブロックチェーンベースの分散型ストレージ機能で、クライアント側で暗号化できるのが特徴です。

 またModuleは、ユーザーがDAppsを開発してホストするためのツールとリソースも提供し、新しいトークン作成や様々なブロックチェーンベースのサービスの提供が可能になります。このModuleプラットフォームでは、ツールを使って独自のプロジェクトを立ち上げることが可能です。これがエコシステム全体を作り上げ、ユーザーはここで未来のDAppsを、協力して開発することが可能です。

 FileCoinやSIACoinなど、ストレージのリースという同じ発想を取り入れたスタートアップはすでにいくつか存在します。しかしそれらはデスクトップ上のハードドライブ専用の技術です。これは、暗号資産のマイニングプロセスで使用されている技術に類似しており、分散型ストレージのみに対応します。長期的な環境の持続可能性の問題にかかわるものは、あらゆる点でエネルギーやインフラに依存します。これらの企業は既存の技術を斬新に採用していますが、未開拓のモバイルストレージリースの可能性は驚異的です。

Moduleのプレセール開始は1週間以内に迫っています。前述のように、このプロジェクトは現代のデジタル世界に多様な革命をもたらすでしょう。ブロックチェーン技術は、クラウドベースのストレージを真に分散化して安全性を確保するとともに、大企業から独立したポジションを維持します。そのうえModuleは、スマートフォンを所有する世界中のあらゆる人々に、暗号資産マイニングの機会を提供します。暗号資産市場において、このようにユニークなオプションと機能を提供できるプラットフォームは他にはありません。

 ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧