クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

ICOマーケットウォッチ:患者の効果的な健康管理で再入院を回避しコスト削減

公開日: 

患者の効果的な健康管理で再入院を回避しコスト削減

 高齢化と人口増加は、世界の医療費高騰の一因となっています。また、慢性疾患の患者数、治療の質と価値に重点を置く医療、多くの情報と権限を与えられた患者、そして新しく革新的な治療法や技術の増加が、医療費の増加に拍車をかけています。

 しかし、GDPに占める医療費のパーセンテージが上昇を続ける中、政府の予算削減が家計や医療費を逼迫するので、コストを削減し、効率を高め、価値を実証することへのプレッシャーはますます高まるばかりです。

 国の健康保健サービスをより効率化し、費用を削減するための方法の1つに、病院への再入院を減らすことがあります。たとえば英国では、非専門系のNHS Trustへの年間再入院件数の総数は、2006/07年の再入院数338,277件から、2015/16年の452,546件へと33.7%増加しています。 さらに、NHSの超過入院日にかかる費用は、非待機入院患者と待機入院患者1週間あたりそれぞれ2,089ポンドと2,532ポンドです。

 英国のHelthwatchによる、2012/13年から2016/17年の間での変化: ● 緊急再入院件数が、372,805件から457,880件へと22.8%増加。 ● 退院後24時間以内の緊急再入院の件数が、49,529件から63,964件へと29.2%増加。 ● 48時間以内の再入院件数は、77,927人から98,955人へと27%増加。 ● 48時間以内の再入院率は全体の5分の1以上(21.61%)。

 研究によると、薬の副作用が高齢者の緊急入院の原因の88%以上を占めており、そのうちの2/3が再入院です。再入院を回避するには、投薬管理の改善を促進する最新テクノロジーの活用が欠かせません。最高のテクノロジーとは、双方向のコミュニケーションと患者のニーズへの迅速な対応を可能にするものです。

Curaizonの服薬アドヒアランス技術を導入することで、世界中の国民医療サービスにおける医薬品問題による再入院を削減することが可能です。

 医師やその他の医療従事者は、この技術を活用して、患者の服薬レベルや薬剤の有効性を確認し、電子カルテをリアルタイムで更新し、入院が必要となる前に先を見越して積極的に患者を治療することができます。

 この技術は、患者への薬の服用時間の通知のためにも使用されます。これは服薬非アドヒアランス率を減らすのに役立ち、医薬品が服用されていない場合には、患者の介護者にもアラート通知が送信されます。

 Curaizonは、医療関係者等にブロックチェーンのイニシャル コイン オファリング(ICO)を通じてこの技術のトークンを購入する機会を提供しています。CuraTokens(CTKN)と呼ばれるトークンの所有者は、CuraDataプラットフォームを介して固有のデータにアクセスできます。このデータセットにアクセスする方法は他になく、すべてがリアルタイムでブロックチェーンに投稿されます。  ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket watch

ICOBOX Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter