クリプトコインポータル ~仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

ICOマーケットウォッチ:インドの高等教育機関や技術関連機関がLynked.Worldのブロックチェーン技術を採用

公開日: 

 今年はインド全土の学生にとって、デジタルIDカードやその他の重要情報に、より簡単にアクセスできるようになりそうです。インドの多くの教育機関は、Lynked.Worldアプリを採用し、より簡単に学生に事務サービスを提供します。Google PlayとApp Storeを介して利用できるこのプラットフォームでは、ユーザーが自分のID情報を完全に管理することが可能です。このアプリでは、パスポート、運転免許証、医療情報、学歴などを、ひとつの便利なウォレットで安全に管理できます。

Lynked.Worldエコシステムはブロックチェーン技術を採用しており、ユーザーはデジタル認証された各種文書を携帯デバイス上に保管することが可能です。これにより、必要に応じて潜在的な雇用主、学校、またはビジネスでの取引相手などの任意の機関に、ユーザーの法的情報へのアクセスを簡単に許可することが可能となります。プラットフォームのピアツーピアネットワークを通じてID検証が行われ、一度これを完了すると、固有QRコードを介して文書を共有することが可能になります。文書のコピーを保管する中央機関は存在しません。

 インド各地の教育機関は、Lynked.Worldのプラットフォームを事務処理業務に導入することで、学生に関する完全な記録保管が可能となり、ひいてはこれが世界中の雇用主や各種組織でのインドの教育機関に対する高い評判の維持に役立つだろうと予測しています。

 インド工科大学グワハティ、インド経営大学院シロン、インド経営大学院アフマダーバードなどの、インド国内における高等教育機関が、その職員と学生のためにデジタルIDカードを発行し、パイロットプロジェクトとしてLynked.Worldソリューションを使用したデジタル証明書を発行する予定です。

 インドの原価会計士協会、リンカーン大学、マレーシアおよびベンガル・テクノロジー・アンド・マネジメントなどの高等教育機関や規制機関は、このアプリを使用して学生や職員のデジタルIDカード、学期の成績結果、デジタル証書を発行し、Lynked.Worldで設定可能なフォーム機能を使用して、入学願書の管理も行います。

 一方、ニューデリーのGD Goenka パブリックスクールやNirmal Bhartiaスク―ルなどの公立学校は、プラットフォームの各種機能に加えて、アプリの保護者グループ通知機能も使用します。また学校によっては、出欠確認システムも導入します。

 Lynked.Worldの創設者兼CEOであるアルン クマール氏は、このプラットフォームによって、世界中の学生や教育機関の記録保管やその他の重要情報の管理がより簡単になるだろうと述べています。「現在、人々は世界のいたるところに住み、働いています。将来的に、デジタル認証された文書は、データ管理の主流となるでしょう。」また、「長い行列と複雑な管理プロセスは、特に就職やその他の目的で自分の記録にアクセスしようとする学生を悩ませます。Lynked.Worldは、学生に目の前で身分証明書を提示させることなく、教育機関が合理化されたサービスを提供できるように支援します。弊社のプラットフォームは、教育機関のサービスを受けるため、学期の成績記録の閲覧、申請書の記入など、様々な理由で学生が必要とするデジタルIDへのアクセスのプロセスを迅速化し、煩わしい事務処理がなく学生ができるだけ学習に打ち込めるような環境を提供します。」と彼は主張します。

 プラットフォームは、LYNKユーティリティトークンによって運営されます。トークンの販売期間は、2018年11月15日から2019年2月10日まで。トークンの基本価格は0.35ドル、ハードキャップは2,500万ドルです。

 詳細については、https://tokensale.lynked.worldをご覧ください。

 ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket watch

ICOBOX Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter