クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

ICOマーケットウォッチ:グローバル・バンキング・システムの暗号資産が持つ成長力:専門家は1.2兆ドルと予想

公開日: 

 1.2兆ドル以上 – これは、今後数年間にわたる、グローバル・バンキング・システムの暗号資産が持つ潜在的な成長力です。ICOBoxブロックチェーン・リサーチ・センター(IBRC)の専門家は、国際規制機関の勧告に基づき、暗号資産の取引に興味を示す金融機関の概算を行いました。

 スイス金融市場監督局(FINMA)は最近、国内銀行の総資本に対する暗号資産の最大比率を、4%に制限しました。スイスは明らかに世界の暗号業界でリーダー的立場を目指しており、銀行システムの管理において多くの政府から一目置かれる現状を考慮すると、FINMAのアプローチは他の国際金融機関の規範となるかもしれません。

 世界の暗号資産の潜在的な規模を評価するために、IBRCの専門家たちは世界の100大銀行の年次評価に依拠し、米国、日本、韓国、スイス、オーストラリアのような、暗号通貨市場に関心のある管轄区域におけるすべての信用機関を分析しました。そして、30兆3,540億ドルという数字が得られました。この金額のうち、4%を超えない暗号資産の推定最大量は1兆2,140億ドルとなります。しかしこの計算には、金融機関トップ4の位置を占めているにも関わらず、中国は含まれていません。中国当局は近年、暗号通貨とICOに対して非常に厳しい姿勢を見せています。

 「この1.2兆ドルという数字は、今後2~5年間のグローバル・バンキング・システムの暗号資産の潜在的な量を測定する手助けとなります。現時点で2,230億ドル規模の暗号マーケットは、この額の資本を吸収するために長い年月を必要とするでしょう。「世界のすべての銀行が突然、最大4%の暗号資産を保有することが認められるとしたら、これは潜在的にビットコインの「再来」となる可能性があります。」とICOBoxの共同創設者兼マネージングパートナーのAnar Babaev(アナー・ババエフ)は語ります。

 IBRCの専門家は、暗号通貨やブロックチェーン業界の継続的な発展に勢いを与える可能性がある、他の要因もあると考えています。その中には、機関投資家やIPOを完了したがまだブロックチェーンには進出していない主要企業の市場参入や、ユーティリティトークンやICOから離れ、セキュリティトークン、セキュリティトークンオファリング(STO)、コンポジットトークンオファリング(CTO)、すなわちユーティリティトークンとセキュリティトークンの最高の機能を組み合わせた「ユニバーサル」トークンの販売へ向けたデジタル通貨市場発展への方向性の変化が含まれます。より洗練され、法的に規制された製品が導入されれば、市場は安定し、プレーヤーにとってより魅力的になるでしょう。パズルをうまく組み合わせれば、暗号市場で2度目の上昇を期待できます。この上昇はよりグローバルかつ永続的なものとなる可能性を秘めています。そしてその時、市場が設定された4%に収まるのか、あるいはこの境界線を越えるものになるのかが明らかになるでしょう。

 ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket watch

ICOBOX Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter