クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

ICOマーケットウォッチ:2019年予測<大手企業はIPOと暗号通貨市場のどちらかを選択可能に

公開日: 

 2019年は、IPO準備を進めるテクノロジーメガプロジェクトの数が記録的な年になるかもしれません。このような現象は、2000年のドットコムブーム以来です。その当時、企業は1,080億ドルの資金を集めることが出来ました。ICOBoxインターナショナルブロックチェーンリサーチセンターの専門家たちは、暗号通貨市場とグローバル金融市場に対する悲観的な予測にもかかわらず、この記録を何倍も上回るポテンシャルがあると考えています。

 Uber、Lyft、Zoom、Slack、Postmates、Instacart、CrowdStrike、Cloudflare、Airbnb、Palantir TechnologiesやPinterestなど、これら業界大手の企業価値合計は約2,500億ドルあり、2019年にはそれぞれIPOを実施している可能性があります。2000年と比較すると、証券を公開取引している最大の企業は、AT&T WirelessとPalmであり、合計の企業価値は890億ドルでした。Ernst&Youngによると2017年の同期間と比較して、第3四半期までに世界の取引所における新規株式公開件数は18%減少し、2018年にアメリカで実施されたIPOの80%が失敗したことを踏まえても、今日のメガテク企業ははるかに成功する可能性は高いようです。

 「投資家は”ユニコーン”を信じています – 評価額10億ドル以上の巨大企業です。ユニコーン企業は、最も多くの資金を集めることが出来ます。ご覧ください、実施されたIPOの総数は減少しましたが、Ernst&Youngの算定によれば2018年第3四半期までに調達された資金量は9%増加し、1,450億ドルを超えています。」とICOBox共同創設者兼マネージングパートナー、Daria Generalova (ダリア・ジェネラロワ)は述べています。ちなみに、暗号通貨市場でも同じような傾向が見られます。プロジェクトの数は劇的に減少しましたが、彼らが集める資金額は上昇しています。これは、伝統的な市場と暗号通貨市場が直面している問題は非常に似ていることを示しています。今日すべての投資家は、高度にプロフェッショナルなチームによって実装され、将来の発展について良好かつ確かなビジョンを持った大規模プロジェクトに主に関心を持っているように見えます。

 IPOは様々な暗号関連プロジェクトの関心も集めています。BitmainRobinhoodBitfuryCanaan CreativeArgo Blockchain は伝統的な取引所への参入意向を公表しています。IBRCの専門家たちは、2017~2018年にICOを成功させ、収益性のあるビジネスを確立し、詐欺ではないことを証明した企業がこのトレンドに乗ると予想しています。

 「これは、2019年から2020年にかけて数多くの資金調達が行われ、2021年から2022年にかけてIPOが行われる可能性を意味しています。」とDaria Generalovaは結論づけています

 IBRCチームの分析によれば、技術大手のIPOに起因するブームは、古典的資産市場を押し上げる可能性があり、すぐに暗号業界も歩調を合わせると思われます。

 そしてここにもう一つの注目すべき事実があります。IPOを準備している大手企業には、古典的な意味でのスタートアップはほとんど含まれていません。大多数は、数年にわたって市場で成功裏に活動してきた確立された企業であり、公開への道のりは比較的長いものでした。この要因は、暗号市場の新たな高騰を引き起こす可能性があります。

 ここ数年の間に、フィンテックまたはIT企業の立ち上げからIPOへの期間は増加しています。1999年には平均して4年かかりましたが、今日の環境では11年かかっています。並行する商品やサービスラインの開発資金を賄うために、プロジェクトは信頼できるが迅速な手段を探し始めることが予想されます。

 「これはまさに、彼らが急速に再構成されつつある暗号市場による支援を受けられる可能性のある分野です。現在セキュリティトークンオファリング (STO)やコンポジットトークンオファリング (CTO)などのソリューションの提供が始まっています。これら新しいタイプのトークンセールにより、発行者は資金調達キャンペーンを迅速に開始することができ、法も遵守でき、プロセスがクリアかつ信頼できることで、ICOよりも明らかに有利となります。」とIBRCのAnar Babaev (アナー・ババエフ)は述べています。

 誰が暗号市場に参入するのかを予測することは容易ではありません。IBRCチームは、Facebook、Apple、Amazon、Netflix、Alphabet(Google親会社)など、大企業および超大企業が参入しても不思議ではないと考えています。一つには、先週投資家が米国と中国間の貿易戦争に反応したことでパニックとなり、1兆2000億ドル分の時価総額が失われたことがあげられます。第二に、Netflixを除くすべての企業が、暗号業界が提供するさまざまなソリューションに一貫して関心を示しています。そして、しばしば将来に向けた重要な一歩は些細なきっかけから踏み出されます。

Security Token Offering:トークン化された証券のイニシャルオファリング。 Composite Token Offering:ユーティリティとセキュリティトークンの両方を備えたトークンの販売、複合経済トークンモデル、例えばトークノミクス。

 ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket watch

ICOBOX Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter