クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

ICOマーケットウォッチ:政府閉鎖そして上昇(米国の政治危機は暗号市場を後押しするか?

公開日: 



政府閉鎖そして上昇:米国の政治危機は暗号市場を後押しするか?


米国での政府閉鎖は正式に終わったものの、現状は敵対関係の終わりというよりも不安定な停戦のように見えます。議会予算局(CBO)は政府業務の一時停止により、アメリカ経済にたいして2019年GDP予想において少なくとも30億ドルの損失をもたらすと見積っています。S&Pグローバル・レーティング社は、その額を2倍の60億ドルと見ています。ちなみに、閉鎖の原因となった対立の中心である、メキシコ国境の壁建設費用は57億ドルです。この行き詰まりがそれに見合う価値があるかどうかは、経済学者や政治家にとって疑問です。その間に、この状況がトークン化証券市場にどのように影響したかを見てみましょう。


連邦の請負業者および従業員への未払いまたは支払いの一時停止が、閉鎖の唯一の影響ではありませんでした。企業間取引、M&A、新規株式公開(IPO)市場など、米国および世界経済に大きな影響を与えたのです。米国証券取引委員会(SEC)が事実上閉鎖されたため、IPO立ち上げ目前のプロジェクトは計画の延期または廃止を余儀なくされました。1月には、少なくとも3社がこれを行っています。2つのバイオテクノロジー企業、Gossamer Bio Inc.とAlector Inc.、および大規模投資ファンドBlackstone Groupの子会社であるAlright Solutionsです。これらすべては、Uber、Lyft、Pinterestなどの巨大企業がIPOの準備を進めているときに起こっています。


ドナルド・トランプと議会民主党は2月15日まで一時的に政府を再開することに同意しただけで、予算に関する厳しい意見の相違(メキシコの壁の問題よりはるかに深刻!)は未解決のまま残っており、2月後半には最初の閉鎖と同じことを繰り返す可能性があります。これは多くの企業を大きな疑問に直面させます – IPOが不可能な場合、何をすればよいのでしょう?


「小さな抜け道は存在します。1933年証券法の下では、SECに提出された登録声明は、提出から20暦日後にSECの承認なしに自動的に有効となります。しかし、これはリスクの高い提案です。SECが問題解決後に疑義を唱えた場合、申請会社とその投資家の両方にとって望ましくない結果をもたらす可能性があります。」とICOBoxの国際PRおよびビジネス分析責任者、Dima Zaitsev(ディマ・ザイツェフ)経済博士は語っています。「しかし、別の解決策があります。IPO実行の準備を進める大手企業は、アメリカ国外の暗号市場に目を向けることができます。この決定の理由は非常にシンプルです。新たな発展の機会と、さらに重要なことに、プロジェクト立ち上げに要する期間が短縮できることです。これは常に最も大切なことです。2018年11月以来、私たちは多くの企業がIPOを延期せざるを得なかったことによる、世界の株式市場の不安定さとボラティリティの高まりを見てきました。そして35日間の閉鎖が起こったのです。この先に何があるのか全く分かりません。全ての試練が終わった後、SECで登録を行うためにプロジェクトが直面する長い行列を想像できますか?良くてもIPO市場が通常に戻るのは3月でしょう。ただしこれは次の閉鎖が起こらなければの話ですが。


さらにSECや閉鎖に関係のない、別の重要な側面があります。フィンテックやIT企業がIPOの準備に費やす時間は、年を追うごとに着実に長くなっているのです。1999年には平均で4年掛かりましたが、今では最長11年まで長引いているのです!Dima Zaitsevは、これにより企業はより速く、かつ信頼性の高い資金調達方法を探すようになると考えています。そしてこれが、セキュリティトークンオファリング(STO)のような、新しく改善されたソリューションによって、暗号市場が再び役立つ領域なのです。


「世界中に膨大な数の大規模な、大きな成長のポテンシャルを持った民間プロジェクトがあります。」とZaitsevは続けます。「遅かれ早かれ、彼らはそれぞれ決断を迫られます。新規商品開発や業務拡大に投資する十分な資金を溜めるために数年待つのか、あるいはプロセスを強行しすべての計画を一度に遂行するのか?明らかに、2番目のシナリオでは外部の金融リソースへのアクセスが必要です。過去に、ベンチャー企業は資金調達の選択肢は3つしかありませんでした。IPOを実行するか(閉鎖により不可能、かつ中小企業の範疇を超え高額)、銀行の融資を得るか(比較的少額の出資には非常に高い金利)、または私募を行うかです(可能ですが、投資家との協力という点では非常に困難)。しかし今では、これらの複雑かつ高額なモデルの代わりに使える、完全に合法なソリューションがあります。セキュリティトークンオファリング、STOです。


ICOBoxの専門家たちは現在の状況においては、Facebook、Apple、Amazon、NetflixやGoogleの親会社であるAlphabetのような巨大企業でさえ、暗号分野に進出してくる可能性を排除出来ません。当然、米中貿易戦争の結果として過熱した(少なくとも一部は)株式市場が落ち着き、連邦政府の業務が閉鎖前の状態に戻るまで待つこともできます。しかし重要な疑問は残ったままです。いつまで掛かるのか?市場のプレイヤーたちは我慢できるでしょうか?そして結局のところ待つことにどれほどの意味があるのでしょう?




ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket watch

ICOBOX Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←


コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter