クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

無料の暗号資産が欲しいですか? ‘Airdrops’がやってきます!【翻訳記事】byCNBC

公開日: 

“Airdrop”では、新しいデジタルトークンのメーカーは既存のコインの一部の所有者に無料で提供します。

Bloqの共同設立者であるMatthew Roszak氏は、「ある意味、人々は無料の宝くじ券を手に入れているようなものだ。」と言います。 ブロックチェーンの投資家、William Mougayar氏は、エアドロップが誤用されていると言います。 「悲しいことに、Airdropsは新しいスパムメールやクーポンの迷惑メールです。」

デジタル通貨のディベロッパーは、マーケティングのための新たな取り組みを試していて、大量採用を促進し、無料の暗号資産を人々の口座に「Airdropping/投下」します。

暗号資産の世界におけるAirDropの意味は、iPhoneと関係がありません。この場合、新しいデジタル通貨を始める人々のグループは、これら出来立ての真新しいトークンをビットコインまたはイーサリアムのような既存のコインの所有者に無料で与えることにします。

「ある意味、人々は無料の宝くじを手に入れている」と、エンタープライズブロックチェーンテクノロジー企業Bloqの共同設立者、Matthew Roszak氏は語りました。 「今年、AirDropの津波がくるだろう」

今月初めに、暗号資産 NEOの所有者は、無料でオントロジーと呼ばれる別のデジタルコインを受け取れました。 トークンは、身元確認とデータサービスに焦点を当てたプラットフォームに対する投票権をNEO所有者に与えることになっています。 オントロジーは、香港を拠点にする取引所Binanceで水曜日に取引を開始したと発表しました。

Fundstrat Global Advisorsによると、他にEveripediaと呼ばれるWikipediaのようなサイトのディベロッパー、イーサリアムのCallisto Networkに似たディベロッパー、United Bitcoinというスマートコントラクトシステムの、3つのチームもAirDropを計画しています。

しかし、暗号資産を取り巻く価格急騰と熱狂さを考えると、誰かが利益を探し求める理由がこれら新しいコインをタダで配るからだということは明らかではありません。 デジタルコインデベロッパーがairdropを追求する理由はいくつかあります:

1.プロモーション

Chamber of Digital Commerceの会長でもあるRoszak氏が言う「屋外広告やTシャツにお金を使う」代替えとして、デジタルコインデベロッパーは、新しいプロジェクトを促進するために、airdropを利用しています。

オントロジーのairdropでは、2千万コイン、またはそのトークンの約10%をNEOの所有者に配布すると発表しました。 両方のコインは、中国の企業OnChainによって作成されました。 Neo Council(顧問グループ)によると、投資家は1NEOごとに0.2オントロジーのトークンを得ることができたといいます。

AirDropを実行するため、新たなコインのメーカーは、ビットコインのような1つの暗号資産の所有者全員を検索して、無料で最新のトークンを受け取るチャンス提供することができます。

コインは必ずしも自動的に配布されるわけではありませんが、ユーザーはAirDropへの参加を選択することができます。

Blockchain Intelligence Groupの会長兼共同創業者であるShone Anstey氏は、「私たちはデジタルトークンセールスや、勢いのある小規模なベンチャー企業の動向を通じてAirDropに注目しています。」と言いました。

Anstey氏によると、公的なブロックチェーンを通じて新しいデジタルコインを無料で手に入れることができるという全体的な傾向は、「公共ネットワークの大きな有用性を示している。」

2.大量の採用

暗号資産の愛好家は、いったん広く普及すればやって来るであろう技術の変換力をよく褒めちぎります。 しかし、デジタルコインへの関心が高まっているにもかかわらず、採用は人口の一部にとどまっています。

AirDropsはこの問題に取り組もうとしています。 サンフランシスコにあるBlockchain CapitalのパートナーであるSpencer Bogart氏は、次のように述べています。「airdropが顧客獲得にますます洗練されたアプローチであると考えている。」

Bogart氏は、「誰かのポケットに金を入れることは、注目を集める強力な方法だ」と述べ、AirDropのプロセスが、初期のコイン・オファリングよりも新しい暗号資産の大量採用をより促進する可能性があると付け加えました。

ICOは、ブロックチェーン技術に基づいたプロジェクトの資金を調達するための、新しいデジタルトークンセールスです。トークンを所有することによって、投資家たちはもしかしたらクラウドストレージシステムなどのプラットフォームにアクセスして、トークンの価格上昇の恩恵を受けるかもしれません。 Autonomous Nextによれば、ICOはこれまでに約70億ドルを調達しています。

しかし、ICOにとって十分な見込みのある投資家に広がることは、一種のチャレンジになり得ます。 TokenDataによれば、11月から5ヶ月間で、ICOの3分の1足らずが資金調達目標に達しました。 「誰かに何かを無料で与えるときは、サインアップするよりももう少し注意を払うだろう」と、デジタルトークンの取引プラットフォームであるShapeShiftのCEO、Erik Voorhees氏は語りました。 「ウォルマートがアメリカのすべての人の銀行口座に何らかの資産を入れられるかどうかを想像してみてください」

Airdropのもうひとつの潜在的な利点は、最初のコイン・オファリングよりも規制の不安が少ないことです。 中国は公式にトークンの販売を禁止していると同時に、米証券取引委員会(SEC)は不正なICOを摘発しようとしています。 先週、多くの暗号資産企業がSECから召喚状や情報要求を受けたとCNBCが報じました。

3.価格

ディベロッパーは、既存のコインの価格を引き上げる方法としてAirDropを使用するインセンティブを持つこともできます。その元の暗号資産の需要は、投資家が今度のAirDropの一部になるように購入することで上がる可能性があります。 これは、投資家に「フォーク」と呼ばれる新しいコインを提供する同様の方法の恩恵を受けるため、昨年の夏ビットコインとビットコインキャッシュに分裂する前に、ビットコインに大金を投じた投資家の数に似ています。

2月22日の報道で、ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズは、NEO、イーサリアム・クラシック、Zclassic、Litecoinなどの暗号資産で今度のフォークやAirDropをハイライトとして紹介しました。 「来たるフォークとAirDropは、これらのトークンに焦点を当てる短期的な理由かもしれないと我々は考えている」と同報告書は述べています。 同社の分析によると、1月初めから2月末の間に、5個のコインがビットコインに比べて2桁のリターンを記録していることが分かりました。 しかし、彼らのデータは、今度のエアドロップやフォークを持つ4つの別のコインがビットコインを下回ることを示していました。

ブロックストーン・インテリジェンス・グループのAnstey氏は、AirDrop現象は依然として「かなり極論」であり、「価格には影響しない」と述べました。 他のアナリストも、その傾向が一般の意識向上の助けになることには懐疑的です。

「Airdropsは、意図された効果を失い始めている点で、誤用され、悪用されている」と、ブロックチェーンの投資家であり、The Business Blockchainの著者であるWilliam Mougayar氏は電子メールで述べました。 「適切なユーザーのオプトイン許可なく、詐欺的で過度にプロモーションされたICOは、AirDropを大量に送信する傾向がある」とMougayar氏は語ります。 「悲しいことに、AirDropは新しいスパムメールやクーポンの迷惑メールなので、利益に当たりはずれがある。」と。

AIRDROPの当サイト解説記事はこちら← 参照元翻訳元:CNBC

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧