クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:MTGOXの債権者、来年6月までにビットコインでの弁済を提案

公開日: 

MTGOXの債権者、来年6月までにビットコインでの弁済を提案

 

2014年2月に暗号資産「ビットコイン(BTC)」の不正流出により、民事再生法の適用を申請した(株)MTGOX (マウントゴックス、TSR企業コード:298819350、渋谷区)。同年4月には東京地裁から再生手続きを棄却され、破産手続を 進めていた。だが、BTCレートが破産時の1 BTC 5万円から2017年12月に200万円超まで急騰し、事態が一変した。  破産手続きではBTCを現金に換金して配当するが、破産時のレートが配当基準額で、BTC価格が高騰しても配当は倒産時の 約5万円となる。このため、2017年11月に一部債権者がBTCでの配当が可能な民事再生法の適用を申し立てた。調査を進めていた 東京地裁は2018年6月22日、民事再生手続開始を決定し、破産手続を中止した。  6月29日には、一部の債権者から委任を受け、民事再生法の適用を申し立てた福岡真之介弁護士(西村あさひ法律事務所)らが、 債権者が要望する再生計画案の基本方針を発表した。通常、再生計画案は再生管財人が作成するが、今回は債権者側が 提案する異例のケースだ。

続きはこちら→→→Tsr-net

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧