クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:正しいURLなのに偽のサイトへアクセスしてしまう事案が発生

公開日: 

正しいURLなのに偽のサイトへアクセスしてしまう事案が発生

 

ビットコインなどの暗号資産のオンラインウォレットサービスを提供するTREZORがブログ上で「トラフィックが ハイジャックされるケースがある」ことについて報告しました。2018年7月2日、TREZORは自社のウォレットサービスが攻撃 されているとブログ上で発表しました。ブログによると、TREZORのサポートチームが顧客から不正なSSL証明書についての 問い合わせを受けて事態が発覚したとのこと。TREZORが公開している偽のフィッシングサイトにアクセスした際の画像は 以下のもので、URLに表示されているドメインは「wallet.trezor.io」という正しいサイトと同一のものですが、 https通信に使用するSSL証明書が不正なものとなっており、ブラウザのアドレスバーに「Not secure」と表示されていることが分かります。

続きはこちら→→→Gigazine.

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧