クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:日本のキャッシュレス化に必要なのは、暗号資産などではなくデビット決済の普及か

公開日: 

日本のキャッシュレス化に必要なのは、暗号資産などではなくデビット決済の普及か

 

ビットコインなど暗号資産が出現し、ネット上で生み出された暗号資産が法定通貨に置き換わり、これにより日本でもキャッシュレス社会が到来するのではとの見方が出ていた。しかし、暗号資産の価格が乱高下したことにより通貨としての機能が疑問視された上に、巨額の不正流出事件などもあり、それが法定通貨に置き換わる可能性はないとみた方が良い。ケネス・S・ロゴフの「現金の呪い」などから、日本でも高額紙幣を廃止すべきとの声も出ていた。Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせたFintechという造語も生み出され、日本の高額紙幣廃止議論にIT技術を絡めて、キャッシュレス化を進めるべき議論と暗号資産への期待が混ざり合い、日本でどのようにしてキャッシュレス化を進めるべきかという議論が置き去りにされてしまった感がある。

続きはこちら→→→Yahoo

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧