クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

暗号資産に代わる、実用性の高い「デジタルマネー」とは何か

公開日: 

1月下旬、国内大手の暗号資産取引業者であるコインチェックから580億円に相当する暗号資産のNEM(ネム)が流出した。その事件以降、暗号資産そのものや取引手法などへの不安が高まっている。

 

これまで、暗号資産の代表格であるビットコインは、政府などの管理を受けず、それぞれ個人の考えや心理に基づいて取引されてきた。そのため、取引業者の経営体制やシステム運営などによる問題が発生しやすい。

続きはこちら→→Diamond Online

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧