クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:大統領選妨害のロシア人ハッカー、ビットコインで資金を調達

公開日: 

大統領選妨害のロシア人ハッカー、ビットコインで資金を調達

 

2016年の米国大統領選挙への介入を目的としたサイバー攻撃でロシアの諜報員12人が起訴された。7月13日付の起訴状には新たな詳細が数多く記されている。その中でも特にコンピューターに詳しい人々の注目を集めそうなのが、被告人らがビットコインを使ってサイバー攻撃の資金を得ていた疑いがある点だ。米司法省の起訴状によると、被告人らは、ビットコインなど暗号資産の取引サイトを通じて、9万5000ドル超を「ロンダリングしようと謀った」という。こうしたサイトでは、認知された匿名性に基づいておカネを得られる。被告人らは暗号資産をマイニングし、「資金の出所を隠すためのさまざまな手段を使って」暗号資産を入手していた疑いがある。入手した暗号資産は、民主党職員やヒラリー・クリントンの選挙運動員などに対するサイバー攻撃の資金として使われた。

続きはこちら→→→Technologyreview

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧