クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:暗号資産対策で自民で2つの議連発足 「投資家保護」と「規制強化」

公開日: 

暗号資産対策で自民で2つの議連発足 「投資家保護」と「規制強化」

 

自民党の有志議員が、暗号資産市場をめぐる2つの議員連盟を立ち上げた。一つは「新型通貨の適正利用を考える議員連盟」で17日に設立総会が開かれ、会長に竹本直一衆院議員が就任した。暗号資産をめぐり、これまで交換業者の経営陣が投資家の資産を流用した事例が発覚したが、交換業者を規制する改正資金決済法には投資家に損失が発生した場合の規定がない。議連は今後、損失の補償のあり方などを議論し、法改正も検討する。もう一つは、交換業者にセキュリティー対策や内部管理の整備など厳格な規制を求める「暗号資産適正化議員連盟」で、浜田靖一元防衛相が呼びかけ人となり12日に初会合を開いた。

続きはこちら→→→Sankei

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧