クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:規制強化にもめげず 生み出される「暗号資産」の新サービスとは

公開日: 

規制強化にもめげず 生み出される「暗号資産」の新サービスとは

 

API取引所での売買を暗号資産で実施 AOSテクノロジ-ズ(東京都港区)が、2018年3月に立ち上げた日本で初めてのAPI取引所である「APIbank.jp」で、有料ソフトの売買に暗号資産が用いられることになった。APIはアプリケーション・プログラミング・インターフェースの略で、OS(基本ソフト)やアプリケーションソフトなどの機能を、外部のアプリケーションから簡単に利用できるようにする技術。APIを用いれば、独自にプログラムを開発しなくて済むため、ソフトウェア開発が効率的になる。

続きはこちら→→→Maonline

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter