クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:コインベースが金融会社買収でICO合法化へ先手、肥大化に懸念も

公開日: 

コインベースが金融会社買収でICO合法化へ先手、肥大化に懸念も

 

米国で人気の暗号資産取引所コインベース(Coinbase)が急成長し、暗号資産がこれまで回避しようとしていた従来型の金融関連企業と似通ってきた。コインベースは新たに暗号資産カルダノ(Cardano)、ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)、 ステラ・ルーメンズ(Stellar Lumens)、ジーキャッシュ(Zcash)、ゼロエックス(0x)の「追加を検討中」だと明らかにした。コインベースが現在取り扱っている暗号資産はビットコイン、 ライトコイン(Litecoin)、 イーサリアム(Ethereum)、ビットコイン・キャッシュ(Bitcoin Cash)、 イーサリアム・クラシック(Ethereum Classic)の5種類だ。同じく重大ニュースとして、7月16日、 コインベースは証券ブローカー・ディーラー業務などを手がける3社の買収について、米証券規制当局の「承認」を得たとブルームバーグが伝えている。この買収により、コインベースは「トークン化」した有価証券を取引する初の認可プラットホームとなる可能性がある。

続きはこちら→→→Technologyreview

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter