クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:近い将来、暗号資産が「世界」を食い尽くす

公開日: 

近い将来、暗号資産が「世界」を食い尽くす

 

ビットコインに代表される「分散型ネットワーク」は、世界中どこにいても相手との決済や送金が可能になるネットワークシステムだ。こうした新しい技術が、現在の欠陥だらけでお金のかかる、非効率的な金融システムに取って代わることは容易に想像がつく。 ただし、未来のシステムが「非中央集権」的な分散型ネットワークとは限らないかもしれない。リップルが発行する暗号資産「XRP」は取引処理が高速で、拡張性も高い。同社がXRPの大半を一元的に管理していることへの批判もあるが、XRPが世界を劇的に変える可能性を秘めていることは確かだ。

続きはこちら→→→Forbesjapan

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter