クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:銀行が暗号資産に対して反競争的行為を行う可能性がある

公開日: 

銀行が暗号資産に対して反競争的行為を行う可能性がある

 

欧州議会経済金融委員会(ECON)が、金融とITを組み合わせた「フィンテック」の領域における競争に関する分析結果を発表した。同レポートでは、スタートアップ企業や伝統的金融機関、大手テクノロジー企業によるフィンテックサービスの増加に伴って、同領域内で新たな競争が生まれているとして、フィンテック市場についての現状を整理し、潜在的な反競争的行為に対する予測を行っている。 暗号資産に関してはバリューチェーンの構成要素として、ブロックチェーン、マイニング(暗号資産の新規発行や取引承認に必要となる計算作業)、ウォレット(暗号資産の保管場所)、暗号資産取引所、スマートコントラクト(契約をプログラム化して自動的に実行すること)、銀行、クレジットカードプロセッサーの領域を挙げている。

続きはこちら→→→Mag2

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter