クリプトコインポータル ~仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:米国の機関投資家がビットコインで初めてのEFP(現物)取引

公開日: 

米国の機関投資家がビットコインで初めてのEFP(現物)取引 

 

米国の機関投資家がビットコイン(BTC)を使った初めてのEFP取引が行ったことが明らかになった。CCNが24日に報じた。ビットコインが主要な金融商品として成熟していく上で新たな一歩になるかもしれない。EFP取引は、現物取引と先物取引の交換で、先物ポジションのヘッジや流動性の向上、資産の多様化のためにウォール街のトレーダーがよく使う手法。CCNによると、今回、ビットコインを使ったEFP取引を行ったのは、金融ブローカーのED&Fマン・キャピタル・マーケッツと米仮想通貨取引所のitBit。米シカゴ先物市場(CME)のビットコイン先物のポジションと同じ量のビットコイン現物をスワップしたという。

続きはこちら→→→Cointelegraph

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter