クリプトコインポータル ~仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:“バブル”調整後の仮想通貨は、ウサギか南海会社か

公開日: 

“バブル”調整後の仮想通貨は、ウサギか南海会社か

 

過去のバブル後の相場には、一定のパターンが見られます。上昇局面は、殆どためらいなく、急速に上昇していきます。ところが、その後下落が始まっても、下げ渋ったり反転したりして、調整に時間がかかります。グラフでいうと、価格の“山”は左側の斜面が急になり、下落は緩やかになるという「右に歪んだスキュー型」になります。昨年10月後半以来の仮想通貨の動きもその典型です。古くは、あのアイザック・ニュートンも大損したという1700年代の「南海会社株式」や、日本の明治維新後初のバブル「兎バブル」も、80年代の土地・不動産バブルも、極めて似たパターンを辿っています。

続きはこちら→→→Minkabu

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter