クリプトコインポータル ~仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:ブロックチェーン基盤の「暗殺市場」が出現 批判の声も

公開日: 

ブロックチェーン基盤の「暗殺市場」が出現 批判の声も

 

賭け事などのイベント予測プラットフォームであるオーガー(Augar)に「暗殺市場」なるものが出現した。マッシャブルが24日に報じた。暗殺市場では有名人がいつ死ぬのか賭けることができるため、倫理的に問題があるのではないかという批判の声も出ている。フォーチュンによるとオーガーは、今月9日にNPO団体のフォーカスト財団によって、イーサリアム (ETH)のメインネット上に立ち上げられた予測プラットフォーム。中央の管理者が賭けの対象を決めるのではなく、利用者が決められるという。例えば、米国と中国の貿易戦争に頭を悩ませる農家は、「交渉が失敗する」ことに賭けることができるという。イーサリアムでシェアの売買をすることで賭けを行う。

続きはこちら→→→ Cointelegraph

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter