クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:AMD製GPUならマイニングもディープラーニングも

公開日: 

AMD製GPUならマイニングもディープラーニングも

 

日本AMD株式会社は7月18日、ブロックチェーンとディープラーニングに関するセミナーを都内で開催した。AMD株式会社のヨーク・ロスコウェツ氏ら3人の専門家が登壇し、GPUを用いた暗号資産マイニングの最新事情などを解説した。AMDはグラフィックカード製造企業と協力して、Radeonを複数個搭載したマイニング専用装置(マイニングリグ)を開発している。一般的なASICはある特定の暗号資産のマイニングに特化し、アルゴリズム変更への対応が極めて難しいのに対し、GPUベースのマイニングリグは汎用性が高く、複数の暗号資産をマイニングすることもできる。ヨーク氏はこの特性が極めて重要だと指摘する。というのも4月、暗号資産「Monero」がマイニングアルゴリズムを従来の「CryptoNight」から新方式への「CryptoNightV7」へと変更。これにより、CryptoNight対応ASICが完全に利用できなくなってしまった(編注:ASICは1台あたり数万円〜10数万円とされる)。数十から数百台規模のASICを使って「マイニングファーム」を構築する事業者は大きな損害を被ったとみられる。

続きはこちら→→→ Crypto.watch

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧