クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:ドイツ第2位の証券取引所、ICOプラットフォームと暗号資産取引立ち上げ計画

公開日: 

ドイツ第2位の証券取引所、ICOプラットフォームと暗号資産取引立ち上げ計画

 

ドイツ第2位の規模を誇る証券取引所のシュトゥットゥガルト取引所が、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)向けの新規プラットフォームと、暗号資産の多国間取引所の開発計画を発表した。Finextraが2日に報じた。17年に資産クラス全体で810億ユーロ(約10兆4000億円)の取引量を記録したこのドイツの取引所は、すでに今年の5月に 「バイソン」という手数料無料の暗号資産取引アプリの試作品を一般公開していた。リリースは9月を予定している。シュトゥットガルト取引所は現在、ICOプラットフォームと規制された暗号資産多国間取引場所を共に開発することにより、発行市場と流通市場に目標を定めている。

続きはこちら→→→ Cointelegraph

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧