クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:米ウェストバージニア州、中間選挙でブロックチェーン基盤の投票アプリ導入へ

公開日: 

米ウェストバージニア州、中間選挙でブロックチェーン基盤の投票アプリ導入へ

 

米国東部のウェストバージニア州が、海外に駐留する兵士を対象にブロックチェーン技術を基盤にした投票アプリを11月の中間選挙で導入するという方針を示した。CNNが6日に報じた。ロシアによる選挙介入疑惑が問題になっている米国にとって、ブロックチェーンを基盤にした投票アプリが機能するかどうか注目だ。このアプリ開発を手がけるのは、ボストンを拠点にするアプリ開発企業ボーツ(Voatz)。顔認証ソフトウェアを使って、利用者がアップロードした政府発行のIDとセルフィースタイルで撮影した顔の動画を照合するという。データは利用者の匿名性を守るために、ブロックチェーン上に記録されるという。

続きはこちら→→→ Cointelegraph

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧