クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:暗号資産詐欺の被害額は約2億5000万円=露セキュリティ大手の第2四半期レポート

公開日: 

暗号資産詐欺の被害額は約2億5000万円=露セキュリティ大手の第2四半期レポート

 

ロシアのサイバーセキュリティ大手カスペルスキー・ラボズによると、今年4-6月期の発生した暗号資産関連の詐欺による被害額は230万ドル(約2億5000万円)だった。暗号資産関連の詐欺に関しては対応が遅いとしてツイッターが非難の対象となっていて、一部のビットコイン利用者は中央管理者のいないSNSマストドンに移動し始めている。とりわけ、カスペルスキーが注目したのは「暗号資産の無料配布」をうたったフィッシング詐欺。サイバー犯罪者は、人気通貨の無料配布でネット利用者を騙して重要な個人情報を盗むという。またカスペルスキーは、最近のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の初期のフェーズにおいて、投資家にトークンを買い占めさせる行為も発生していると報告した。

続きはこちら→→→ Cointelegraph

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧