クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:クリプトジャッキングされたルータで焼いた目玉焼きのお味は

公開日: 

クリプトジャッキングされたルータで焼いた目玉焼きのお味は

 

Symantecは米国時間8月8日、ラスベガスで開催されたサイバーセキュリティカンファレンス「Black Hat」で、特別な調理台を披露した。暗号資産を不正にマイニングさせるマルウェア「Coinhive」に感染したせいで、加熱して華氏150度(摂氏約66度)になったルータだ。 暗号資産は大流行しているが、マイニングには大量の電力を消費する強力なコンピュータが必要なため、利益の多くが電気代で相殺されてしまう。そこにクリプトジャッキングが登場した。

続きはこちら→→→ Zdnet

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧