クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:IBM、資金洗浄対策に応用可能なブロックチェーンのノードデータ利用の特許を申請

公開日: 

IBM、資金洗浄対策に応用可能なブロックチェーンのノードデータ利用の特許を申請

 

テック企業大手IBMは、ノードベースの取引データ識別装置開発のためブロックチェーンの特許を申請した。米国特許商標庁 (USPTO) が16日に公表した。特許に詳述されているシステムは、「ブロックチェーンにおけるノードキャラクタライゼーション」と呼ばれ、様々なタイプの取引を識別するためにブロックチェーンネットワーク上のノードからデータを抽出する方法を導入することを意図している。具体的に言えば、どんなブロックチェーン上のデータ処理にも、取引の特徴についての有用情報をもつノードが単数あるいは複数ある可能性があるということだ。

続きはこちら→→→ Cointelegraph

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧