クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:トリプルワン、ビットコイン採掘用7ナノチップ開発

公開日: 

トリプルワン、ビットコイン採掘用7ナノチップ開発

 

半導体開発スタートアップのTRIPLE―1(トリプルワン、福岡市、山口拓也社長)は、最先端の7ナノ(ナノは10億分の1)メートルの技術を活用したビットコイン用のチップを開発した。サンプルチップもできあがっており、今後は、性能検証とサンプルボードの開発を進める計画だ。 台湾TSMCから届いた「カミカゼ」。10月にも市販する計画だ 台湾TSMCから届いた「カミカゼ」。10月にも市販する計画だ 7ナノの半導体を使った「KAMIKAZE」  開発した7ナノ半導体の集積回路(ASIC)「KAMIKAZE(カミカゼ)」は、ビットコインの採掘(マイニング)に特化したチップだ。16ナノのチップを活用した従来機器と比べると2倍近くの計算能力を持つという。

続きはこちら→→→ 日本経済新聞

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧