クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:ロシアでソビエト肥料研究室が、暗号資産ファームとしてリオープン

公開日: 

ロシアでソビエト肥料研究室が、暗号資産ファームとしてリオープン

 

月曜日に、あるロシアの会社が、旧ソ連の肥料生産研究室の中に、同国最大の暗号資産マイニングユニットをオープンした。これは、ロシア当局が急増している暗号通過部門を規制しようとしていることから始まった。Kryptoyuniversセンターの共同設立者であるAlexei Korolyov氏は、以下のように述べている。「これは、今までのロシア最大のファームで、暗号資産だけでなく、マイニングを行う人々にサービスを提供するという「フルサイクル」を提供している。中央銀行とは独立してインターネット上で取引される暗号資産の創出は、エネルギー集約的です。ロシア北部の施設では、litecoins(ブロックチェーン技術を使用して作成された通貨の成功のために繁栄した多くの競合相手の1つである)と同様、最も有名な仮想通通貨であるビットコインを製造しています。プライベートベンチャーは、サンクトペテルブルクの南東約180km(110マイル)にあるキリシの4,000平方メートルの敷地を持っています。それは、約5億ルーブル(740万ドル、650万ユーロ)の投資して、20年以上使われていなかった元研究所の敷地内に建設されました。エルンスト&ヤングの昨年末に発表された調査によると、ロシアは2015年以来、中国と米国に次いで暗号資産生産国の第3位に位置しています。ロシア当局は、他のいくつかの国のように、今やバーチャル通貨を規制しようとしている。暗号資産生産を許可するが、ルーブルと交換は禁じる法律は、現在議会で審議中です。

参考→→→ Japantimes

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧