クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:IoT機器に多い不要なポート開放

公開日: 

IoT機器に多い不要なポート開放

 

3つめの傾向は、ユーザーの同意がないままユーザーの端末リソースを使って暗号資産のマイニング(採掘)を実行する「クリプトジャッキング(Cryptojacking)」の増加だ。ウェブサイトを閲覧するだけで、閲覧者の端末でマイニングを実行するものもある。17年9月に登場したマイニングサービス「CoinHive」以降、増えているという。原田セキュリティコンサルタントは、「クリプトジャッキングの動向については今後、法整備が進む可能性があり注視が必要だ。マルウエア全般に対応するためにも、日ごろからシステムの脆弱性に対して適切な対応を採ることが求められる」と話した。

続きはこちら→→→ 日本経済新聞

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧