クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:中銀の暗号資産、19年から銀行間送金に使用

公開日: 

中銀の暗号資産、19年から銀行間送金に使用

 

タイ中央銀行(BOT)は21日、商業銀行8行、分散台帳技術(DLT)プラットフォーム開発の米R3と共同で、独自の暗号資産「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」を発行して銀行間送金に使用する事業「プロジェクト・インタノン」のフェーズ1を開始すると発表した。金融システムの効率性向上が目的で、同日に共同事業の実施に合意した。フェーズ1では、R3のDLTプラットフォーム「Corda」に基づいてCBDCを発行、決済するシステムを開発する。来年第1四半期(1~3月)に完成する見通しで、当初は銀行間送金に使用する。将来的には、政府貯蓄国債の電子発行などへの応用も視野に入れている。

続きはこちら→→→ Nna

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧