クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:北朝鮮ハッカー集団、マックOS向けマルウェアで暗号資産取引所を攻撃

公開日: 

北朝鮮ハッカー集団、マックOS向けマルウェアで暗号資産取引所を攻撃

 

北朝鮮のハッカーが、ある暗号資産取引所に対してウィンドウズやマックOS向けのマルウェアを感染させていたことがわかった。ロシアのインターネットセキュリティ企業、カスペルスキーが23日にレポートを発表した。  カスペルスキーのレポートによると、ある暗号資産取引所(名前は明かしていない)のシステムに「AppleJesus(アップルジーザス)」と呼ばれれるマルウェアが侵入した。これは従業委員の1人が「汚染された」アプリをダウンロードした後に発生した。カスペルスキーは、このアプリは偽のセキュリティー証明書を持つ偽のディベロッパーから来たものだと見ている。そして、これは北朝鮮のハッカー集団とみられている「ラザルスグループ」によるものだと、カスペルスキーは分析している。このマルウェアは暗号資産を盗むことを目的としたもで、カスペルスキーでは、北朝鮮による暗号資産を狙ったハッキングの最新事例だとみている。

続きはこちら→→→ Cointelegraph

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧