クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:モスクワ政府、商業での透明性促進にイーサリアムを利用

公開日: 

モスクワ政府、商業での透明性促進にイーサリアムを利用

 

モスクワ政府は、週末開催するファーマーズマーケットで、販売区域を割り当てるシステムの一部にイーサリアム(ETH)を利用する計画を立てている。このシステムは、限られた販売区域を求めて競合し合う農家が提出する申請書を記録するもの。4月20日から11月25日の市場シーズンに、ロシア、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタンの農家が加入している1万5000の取引所から申請書が届く。予測されたように、毎年2万人の応募者が、販売区域の獲得を求めて申請書を提出している。モスクワ市役所のブロックチェーン(BC)プロダクトマネージャーであるアンドレイ氏によると、このアイディアは、申請書を改変無く記録する手段としてイーサリアムを利用するもので、承認または拒否に関する情報が更新される。同氏は、「BCにより、提出された申請書が改変できないことが保証され、申請履歴の監査も可能となる。」とコインデスクに説明した。

続きはこちら→→→ Morningstar

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧