クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:SBIリップルアジアに続きSBI-R3アジアの創設に意欲、北尾社長が決算説明会で言及

公開日: 

 SBIホールディングスの北尾吉孝代表取締役社長は10月30日、2019年3月期第2四半期(2018年4月~9月)の決算説明会で、SBI-R3アジアの創設計画について言及した。リップル社とブロックチェーン開発企業R3社の訴訟問題解決に尽力した北尾社長は今後、R3社に暗号資産XRPを使わせるプロジェクトを作っていきたいと話した。また、暗号資産取引事業については、Tポイントを利用し若年層のユーザーを取り込んでいくと述べた。 SBIリップル・アジアが事務局を務める「内外為替一元化コンソーシアム」は今月4日、リップル社の分散台帳技術(DLT)「xCurrent」を活用したスマホ用送金アプリ「マネータップ」をリリースしている。今後は参加行を拡大していくフェーズにある。リップル社の株式およそ10%を保有するSBIは、リップル社の技術をマネータップに実装したように「リップル社のDLT、あるいはXRPを使って国際送金を効率化していく」と強調した。 SBI証券は、アクティブ会員が6788万人いるTポイントのカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループのCCCマーケティングと資本業務提携を締結し、合弁会社「SBIネオモバイル証券」を30日付で設立した。スマートフォンをメインチャネルとした金融サービスを提供する。取引に応じたTポイント付与やポイントによる金融商品購入を実現する計画で、銀行、証券、送金など、SBIが展開する様々な事業でTポイントプログラムを導入していく。

続きはこちら→→→Cointelegraph

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter