クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:暗号資産、不正送金のターゲットに なりすまし相次ぐ

公開日: 

暗号資産が不正送金の新たなターゲットになっている。インターネットバンキングの被害が減る一方で、暗号資産は警察庁の初の年間統計で2017年の被害額が6億円を超えた。価格高騰で利用者が急増し、セキュリティー対策が追いつかなかったことが課題として浮かんだ。暗号資産交換業界は新興企業が多く、専門家は自衛を含めた対策を求めている。

 

「600万円分の暗号資産がいきなり消えた。一体どうなっているんだ」。17年8月、首都圏に住む自営業の70代男性は、利用していた暗号資産交換会社の口座の異変に気づいた。取引履歴を確認すると身に覚えのない出金があり、不正アクセスで口座が乗っ取られたとみられる。

続きはこちら→→→日本経済新聞

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧