クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

ウォレットプロバイダのBread がApple社のBitcoinCashの完全サポートを追加(翻訳記事)ByBitcoin.com

公開日: 

ウォレット会社Breadが先週ビットコインキャッシュのフルサポートをリリースしました。その記事を翻訳しております。

ウォレットプロバイダのBread がApple社のBitcoinCashサポートを追加 by Jamie Redman 3.9.18

 人気のウォレットプロバイダBread(BRD – 正式にはBread Wallet)は、今週新しいアップデートリリースを発表した-完全に統合されたBitcoin Cash(BCH)サポートだ。現在、BreadユーザーはBCHを単独で、またはBTCを保有したまま、請求、送信、受信、そして保管を行うことができる。

〜Bread Wallet、iOS用の完全なBitcoinCashのサポートを実現〜

 Bread は 3月7日、ウォレットカンパニーがiOSモバイルウォレットプラットフォームのフルBCHサポートを追加したと発表しました。BCHチェーンが誕生した昨年8月、Breadチームはその2週間後、コインを取り出したいユーザーのために一度、抽出ツールをリリースしました。同社によると、多くのBreadユーザーがこのツールを利用していましたが、BCHをまだ持っていなかったユーザーはモバイルウォレットが見えない状態でした。 「この最新のアップデートで、すべてのiOSユーザーは彼らの財布の中に残っているどんなBCHでも見ることができて、自由にBCHを送受信することができます」と、BreadのCPO James MacWhyte氏は説明します。  「この新しいバージョンのアプリケーションは、プラットフォームに複数のデジタル資産の追加を可能にする( 最初はBitcoin cash です。)完璧なモジュラーフレームワークを誇ります。 次の追加はEthereumとERC20トークンになります。これらのトークンは、2018年の始めに考案したロードマップに従って予定通りに進められます。」

〜ユーザーはBCHフルアクセスを強く支持〜

 Breadが言うには、8月にチームはBCHチェーンが生き残り、ウォレットのBCHサポートが要求されるのを確認したかったのだといいます。同社は、大多数のBreadユーザーが当時の問題について強い意見を持っていなかったと説明しています。 「いずれの方法も、Breadにビットコインキャッシュを保管して使用するという選択肢が残っており、すべてのユーザーはウォレットに保存されている可能性のあるBCHへの完全なアクセスを強く支持していました。」 とMacWhyte氏は述べています。 Breadを追加すると、ウォレット25個とフルノードクライアント5個がビットコインキャッシュエコシステムに追加されます。 MacWhyte氏によれば、Android版のBreadは開発の最中であり、BCHのサポート版は近い将来にリリースされる予定です。 情報元 転載元 ・・・・・・ BitCoin.COM

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter