クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:暗号資産以外のブロックチェーン応用例が動き出す

公開日: 

投票システム、宅配ボックス、電力の発電元など多岐にわたる

「ブロックチェーン」は、主に暗号資産を支える技術として知られているが、金融とはまったく別の領域でブロックチェーンを応用する取り組みが動きはじめている。

ブロックチェーンは、分散情報処理技術の一つである。「分散型台帳技術」とも呼ばれ、ある程度まとまった件数の処理(トランザクション)の履歴を「ブロック」と呼ぶ台帳に記録し、その台帳をネットワーク上に分散した複数のコンピュータが持ち合って管理する。新たな台帳を作成する際、それまでの履歴を記録した台帳の内容を完全に引き継ぎながら、数珠つなぎで台帳を連結していく。

続きはこちら→→→JBpress

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧