クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:イーサリアム・クラシックがネットワーク・プロトコルを更新

公開日: 

イーサリアム・クラシックがネットワーク・プロトコルを更新

 

ECIP-1041というフォークでは、 ETCネットワークの590万ブロックから「ディフィカルティ・ボム」と呼ばれる機能が取り除かれた。 この「爆弾(ボム)」はイーサリアム(ETH)の元々のコードの構成要素であり、 非実際的な遅さになるまでマイニングの難易度を、指数関数的に増やすことで、 プルーフ・オブ・ステーク(PoS)というコンセンサス・アルゴリズムへの移行の必要性を引き出すために設計されたものだ。 この機能は本質的にブロック承認を凍結するため、一般に「イーサリアムの氷河期」と呼ばれている。

続きはこちら→→→Cointelegraph

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧