クリプトコインポータル ~仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:米仮想通貨金融企業サークルが業界団体GDFに参加、業界標準策定へ

公開日: 

 仮想通貨金融企業サークルは10月31日、仮想通貨の行動規範を策定する業界団体「グローバル・デジタル・ファイナンス(GDF)」に創設メンバーとして参加したと発表した。 サークルはツイッターで、デジタル資産の普及を目的とした業界標準を設定するためGDFへ参加したことを確認した。GDFにはサークルのほか、仮想通貨取引所コインベース、コンセンシス、国際法律事務所DLAパイパー、Diginexなどがいる。 GDFは今日、アジア、ヨーロッパ、米国で開催された一連のグローバルミニサミットでGDFコミュニティの承認を経て、暗号資産の行動規範と分類法を発表した。この規範は、世界の仮想通貨業界やコミュニティの200社以上から60日間の助言を受けたという。 「行動規範」は、資金の取り扱い、リスク管理、顧客および監督当局とのやりとり、市場慣行に関わる基準の「共通のルールブック」の始まりとなるものだ。 GDF共同設立者のローレンス・ウィンターマイヤー氏は、同業界団体が業界のグローバル自己規制モデルを構築し、「デジタル資産が国境を越えてシームレスに稼働できるようにする、現在の管轄モデルに挑戦するような体制」を目指すと述べた。企業は2019年の第1四半期から「GDFの規範準拠」として登録可能となる。登録方法は開発中という。 日本では金融庁が、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)を自主規制団体として認定した。

続きはこちら→→→Cointelegraph

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter