クリプトコインポータル ~仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:タイ政府、ブロックチェーンとAIで脱税を取締り

公開日: 

 タイ政府の歳入局は、税収管理システムの効率化のため、ブロックチェーンを使用する予定だという。Ekniti Nitithanprapas局長が述べたとして、バンコク・ポストが報じた。 同氏によると、税金が正しく支払われたかどうかを確認し、払い戻しプロセスのスピードを上げるために、ブロックチェーンおよび機械学習を導入するという。脱税を追跡し、透明性を高めることが狙いだ。また同氏は、ビッグデータやブロックチェーンのような新技術の採用、ひいてはデジタル税収システムの追求が優先事項であったと明かしている。 タイ中央銀行は7月に、中央銀行の業務にブロックチェーンを取り入れることを検討していると発表している。特に国際送金、サプライチェーン・ファイナンス業務、文書の認証作業に対し、ブロックチェーン導入を検討しているとしていた。Veerathai Santiprabhob総裁は、国際送金にブロックチェーンを導入することで「東南アジア地域での金融面でのコネクティビティを高め、国境を超えたよりスムーズな金融サービスを実現できる」と述べている。 また同氏は、中央銀行が発行する仮想通貨(CBDC)の可能性にも言及している。しかし、既存の仮想通貨に対してはリスクを警告するなど、厳しい態度を示している。タイ当局は、仮想通貨とブロックチェーン技術を同一視せず、冷静に捉えているようだ。 こうした姿勢は、韓国や中国も同様だ。仮想通貨に対しては厳しい規制を設ける反面、ブロックチェーンに関しては国を挙げて支援している。もっとも最近は、仮想通貨に対しても規制を緩和する動きもたびたび報じられている。仮想通貨やブロックチェーンに対するアジア諸国の動きはまだまだ流動的である。

続きはこちら→→→マネックス仮想通貨研究所

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter