クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:ブロックチェーンで運営される都市がネバダ砂漠に誕生か

公開日: 

  ニューヨーク・タイムズによると、計画しているのはジェフリー・バーンス(Jeffrey Berns)。同氏は完全にブロックチェーンだけで運営される都市を計画している。ブロックチェーンによる非中央集権化されたインフラは、理論的には我々が今暮らしている資本主義世界から独立したコミュニティーを成立させ得る。 政府や大企業がコントロールするのではなく、ブロックチェーン・ベースの都市は住民が自律的に運営し、文字通り暗号資産を通貨として使用する。 「世界を変えるブロックチェーンというテクノロジーによって、新しいビジネス、人々の暮らし、コマースがどのように発展するかを示すショーケースとなる」とコミュニティーの設計に加わっているTom Wiscombe Architectureはウェブサイトに記した。 「複数のイノベーティブなテクノロジーは住民の日々のやり取りを変え、ブロックチェーン・テクノロジーがすべての中心となる。そして、あらゆるシステムを公正、公平、民主的なものにする」 バーンスが計画している場所は、ネバダ砂漠の中の6万7000エーカー(約270万平方キロメートル)の土地。ネバダ州のブライアン・サンドバル(Brian Sandoval)知事が「イノベーション・パーク(Innovation Park)」と呼ぶ場所だ。 近くには、テスラのギガファクトリーやグーグル、アップルといったテック大手のビルが建つインダストリアル・パークがある。 ニューヨーク・タイムズによると、バーンスの会社Blockchains LLCは2018年はじめに土地を推定1億7000万ドル(約190億円)で購入。バーンスはすでに、さらに3億ドルを投資済みで、プロジェクトの全費用を負担する。資金は2015年、イーサリアムに投資したことで得たものだ。 「私の中の何かが、これが答えと私に告げた」とバーンスはニューヨーク・タイムズに語った。 「ブロックチェーンを信じる人を十分に集めることができれば、我々は、我々が使っているあらゆるシステムを変えることができる」 バーンスは都市の建設は早ければ2019年後半に開始する予定だが、まだマスタープランを検討中で、当局の承認も必要と語った。

続きはこちら→→→BUSINESS INSIDER JAPAN

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter